音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

DAIGO天使がランドセルのCMキャラに「ロックとの“MC”」喜ぶ

180

左よりCMで共演した石井心咲ちゃん、DAIGO、同じくCM出演者の樋口開飛くん。

左よりCMで共演した石井心咲ちゃん、DAIGO、同じくCM出演者の樋口開飛くん。

本日4月6日、ランドセルメーカー・セイバンの「天使のはね」シリーズの新CM発表会が東京都内で開催され、CMに出演する新広告キャラクターのDAIGO(BREAKERZ)が登壇した。

2003年に発売された「天使のはね」は、背負いやすさを重視したセイバンの人気ランドセルシリーズ。新CMでDAIGOは大きな天使の羽根を背負った“DAIGO天使”に扮してCMソングをロック調で熱唱し、4人の小学生とともに珍しいキノコ舞踊団が手がけた振り付けを踊る。そして「天使のはね」を「KOH(子ども・想い・品質)!」とアピールする。

DAIGOは今回のCM出演について「ロックミュージシャンとランドセルのMC(ミラクルコラボ)だと思いましたね!」と“DAI語”を用いて喜びを語る。そしてステージ上に並べられたカラフルなランドセルの数々を見渡し「ランドセル選びが楽しい。うらやましいですね、この時代に生まれたかったです」と感心していた。

CMで使用した天使の羽根に関してDAIGOは「僕が感じた重さでは20kgぐらいあったんじゃないかと……」と撮影時の苦労を語るが、実際の重さは4kgだったことを告げられ「あっ、そうなんですか?(笑)」と苦笑い。「僕、DAIGO☆STARDUST時代に羽根とか背負ってたんで、その経験が生かされましたね(笑)。なかなか天使の羽根がハマる38歳もいないと思うから、『天使のはね』を広めていきたいと思います」とCMキャラクターとしての意気込みを明かした。

4月8日に38歳の誕生日を控えたDAIGOに、誕生日の抱負を尋ねる質問が飛ぶと「40代が見えてきたので、公私共に充実させて1つひとつの仕事をがんばっていきたいです」と宣言。誕生日当日については「BREAKERZのバースデーライブがあるので、最高の形で過ごしたいですね」と笑顔で語り、ライブを楽しみにしている様子を見せていた。

音楽ナタリーをフォロー