音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48特別公演、田中将大投手がセンターに横山由依指名

150

11月8日に東京・AKB48劇場にて行われた「僕がここにいる理由」公演の様子。(c)AKS

11月8日に東京・AKB48劇場にて行われた「僕がここにいる理由」公演の様子。(c)AKS

11月8日に東京・AKB48劇場にて、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が考案したセットリストが披露されるAKB48の特別公演「僕がここにいる理由」の初日公演が実施された。

この公演には田中投手により選ばれたメンバーである横山由依、田野優花、木崎ゆりあ(「崎」のつくりは立に可が正式表記)、小嶋真子、島田晴香、 阿部マリア、永尾まりや、高橋朱里、加藤玲奈、武藤十夢、向井地美音、相笠萌、茂木忍、湯本亜美、達家真姫宝、樋渡結依の計16人が登場。センターは次期総監督でもある横山が務め、田中投手考案のセットリストが展開された。

この日の公演では「青春の木漏れ陽」「前しか向かねえ」など、前向きな歌詞が印象的な楽曲が数多く披露された。ライブ中盤に展開された各ユニットごとのパフォーマンスでは、木崎、小嶋、加藤、相笠の4人による「君はペガサス」、武藤と茂木による「友達でいられるなら」など、メンバーは新旧の曲を織り交ぜて展開しフロアを沸かしていく。「エンドロール」の歌唱に参加した田野は、同曲のパフォーマンスに参加するのが初めてだったと明かしてメンバーやファンを驚かせた。

アンコールで彼女たちは「Only today」「誰かのために」「夕陽を見ているか?」の3曲を披露。公演の最後には出演メンバー全員のサインが書かれたサインボールが客席に投げ込まれ、「ストライク!」という掛け声が会場内に響き、この日の公演は幕を閉じた。

横山は田中投手考案の「僕がここにいる理由」公演について、「この公演は、希望系の曲が多く、明るく元気になるセットリストだと思いますので、メジャーリーグまでこの想いが届くように一生懸命歌いますので、皆さんも観にきて下さい」とコメントを寄せている。

AKB48「僕がここにいる理由」
2015年11月8日 AKB48劇場 セットリスト

SE. Overture
01. ファースト・ラビット
02. 僕の太陽
03. NEW SHIP
04. 少女たちよ
05. 君はペガサス
06. エンドロール
07. 友達でいられるなら
08. 青春の木漏れ陽
09. 虫のバラード
10. てもでもの涙
11. 重力シンパシー
12. 大声ダイヤモンド
13. 君のことが好きだから
14. 前しか向かねえ
<アンコール>
15. Only today
16. 誰かのために
17. 夕陽を見ているか?

音楽ナタリーをフォロー