音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

V6がホログラム駆使、新情報解禁、“6人共作”曲初披露の20周年イベント

1755

V6がデビュー20周年イベント「V6 20th ANNIVERSARY~Timeless~」を本日6月20日に東京・グランドプリンスホテル新高輪 飛天にて実施。最新シングル「Timeless」の購入者から抽選で選ばれたファン約1200人を前に、全編ホログラム演出によるライブやトークを行った。

V6が購入者限定イベントを行うのは2012年12月27日の「ROCK YOUR SOUL」リリース時以来約2年半ぶり。今回は、2014年に全国ツアーがなかったこともあり少しでも早くファンと会いたいというメンバー6人が、特別なイベントにすべく“ホログラムライブ”という内容を考案した。会場にはレッドカーペットが敷かれ、それを挟んで左右に客席があり、カーペットの先には特設ステージが組まれた。なお観客にはV6本人が登場するかどうかは明言されていなかった。

イベントは“V6の20周年”にちなんで6月20日の18:20(午後6:20)にスタート。ハート型の20周年ロゴがホログラムで浮かび上がり、「WAになっておどろう」のイントロが流れ出すと期待に満ちた歓声が上がる。するとステージには歌い踊るV6の姿が出現し、観客は曲に合わせて手振りを入れる。「WAになっておどろう」のサビに続いて、デビュー曲「MUSIC FOR THE PEOPLE」のサビ、青い衣装にチェンジして「Sky's The Limit」と、ホログラムのV6によるパフォーマンスが展開されていった。

そして「Timeless」へ。大サビに入った瞬間、ホログラムの後ろに本物のV6たちの姿が重なり、この曲のミュージックビデオを再現したかのような“12人のV6”が踊っている光景に。観客は一瞬どよめき、本人たちがいることを認識するといっそう大きな歓声を上げてステージを見つめていた。

その後、井ノ原快彦の「こっちが本物です! 改めましてV6でーす!」という合図から、6人とエイベックススタッフの影アナによるトークパートへ。ここでは、井ノ原が「ここでジャニーズJr.のコンサートやったよね。(森田)剛と(三宅)健が出て、俺がなぜか司会で(笑)。『FNS歌謡祭』でも来るけど」と同会場にまつわる思い出をこぼすと、岡田准一が「あと森光子さんのディナーショー」と重ねる。また、ベストアルバム「SUPER Very best」を7月29日にリリースすることも話題にのぼり、井ノ原は「今までのシングル45曲全部入れちゃってますから、すごいボリュームのあるアルバムになったと思いますよ」と宣伝した。

V6が一旦はけると、ステージで「SUPER Very best」収録曲をひと通り紹介するダイジェスト映像が流れ、この作品の追加情報が映画の特報風に解禁された。発表された事項は、初回生産A盤収録の新曲がV6作詞&井ノ原作曲による「~此処から~」、初回生産B盤収録の新曲がMicro(Def Tech)の作詞にレディー・ガガやOne Directionのヒット曲も手がけるRedOne作曲による「Wait for You」であること、初回生産A盤DVDに「V6 20th Anniversary ~6人だけの合宿企画~ "until now"編」と題した特典映像が収められること、初回生産B盤DVDに同じ企画の「"from now"編」が収められること。特に「6人だけの合宿映像」というトピックにファンは大興奮。6人が食事をしたりベッドで寝たり曲作りをしたり、といった合宿映像もダイジェストで初公開され、さらにこの場で新曲「~此処から~」を初披露することもアナウンスされると黄色い声がこだました。

カジュアルな白やグレーの衣装に替えた6人が再登場。彼らは先ほどの映像を受けて合宿時の思い出を話し出した。井ノ原が「大学を貸し切って構内でいろいろ遊んだんだよね。いやー、いいおじさんたちがキャッキャ言っちゃってねー」と口火を切ると、坂本昌行は「6人でバーベキューやったんですよね。トニセンと剛の買い出しチーム、健と岡田の火を起こすチームに分かれて。超楽しかったよね」、森田は「寝起きドッキリもあるからね!」と盛りだくさんの内容を明かす。

また、「~此処から~」は6人で初の作詞に挑戦し、歌詞もメロディもメンバー同士で何度も話し合い制作された“20周年ソング”で、各メンバーの歌詞を井ノ原がまとめ、1曲に仕立てたとのこと。「知らない6人だったらそりゃまとまんないと思うけど、この6人ですから。同じ道歩んでるから方向性は似てた」と言う井ノ原は唯一、メンバー個々の詞の原型を見ており、彼は「坂本くんと長野くんが同じこと書いてた。夫婦だからね(笑)」「長野くんと岡田の詞はそのまま曲になりそうな、あとはメロディ付けるだけって感じだった」「剛は走り書きでなんでもポンポンポンポン!なんだけど、その一言一言がすっげえ重い。広がる詞を書く人だなあと思った。うちの天才だよね」「健は一番量が多かった」と、それぞれの個性を分析。最後に井ノ原は「僕は極力、書いた人がそのパートを歌うほうがいいと思いましたので、きっとそうなってると思います。そのつもりで聴いてください」と前置きして曲を始めた。

6人は、歌詞をホログラムで映し出しつつ「~此処から~」を歌唱。同曲はギターやキーボード、ストリングスの音色が印象的なミドルナンバー。20年共にしたメンバーがメンバーに贈る赤裸々な思いを目の当たりにし、涙するファンが続出していた。歌い終えた岡田は「泣けてくるね。自分たちで書いてるのにグッときちゃった」と感慨深げな表情を見せた。

次のコーナーは、8月30日からスタートするツアーの“公開打ち合わせ”。三宅健が「楽しくやりたい」とひと言放つと、井ノ原は「そうだねえ! それはリーダーがずっと言ってきたことだからね」と応答。さらに三宅は「老体にムチを打って、この人(坂本)が動けなくなるくらい踊らせたいですよ」と踊りまくることを宣言する。また岡田は、新曲やこれまでの人気ナンバーも含めて「皆さんに応援しててよかったなって思ってもらえる記念のコンサートにしたいね」と意気込んだ。

続いて、影アナから突然V6へのミッションが言い渡された。それは「渋谷駅前の巨大ビジョンと飛天を今から生中継でつなぎ、60秒間でベストアルバムを生告知してください」というもの。急な展開に、6人は戸惑いながらも「渋谷の皆さん、V6です! ハチ公前の人とか見てるかな?」と中継を開始。井ノ原を中心に早口で告知で済ませ「じゃあ皆さん買ってくれるかなー?」「いいともー!」と、会場のファンとの連携で60秒中継を締めくくった。メンバーたちは、中継映像がないために「ホントに映ってんのかな?」と半信半疑な様子。ちなみに渋谷駅前のビジョンでは、このあと60秒のアルバムスポット映像もオンエアされていた。

イベントも終盤へ。さみしそうなファンに対して三宅は「みんなめかしこんで来てるから、これはタダで帰すわけにはいかない」と言葉をかけ、1曲ライブパフォーマンスをプレゼントすることに。「さっきはV6のことを歌った歌だから、次は皆さんの番です!」と彼らが選んだのは、「Timeless」のカップリング曲でファンと盛り上がれる「SPOTLIGHT」だった。振り付きでフルコーラスを届け、息の合ったダンスと歌で会場はひとつとなる。

おしまいにメンバー1人ずつ締めの挨拶を行う。デビュー20周年を迎えた感慨、ファンへの感謝、ツアーへの意気込み、そして今日のお礼を述べ、場内は温かい拍手に包まれた。そしてレッドカーペットを歩いて退場する6人。左右のファンに笑顔で手を振りながら、名前を呼ぶ声に応え、ゆっくりとした足取りで後方へ着くと「ありがとうございました!」「バイバーイ!」と会場をあとにした。

なおV6のオフィシャルサイトでは、このタイミングで「SUPER Very best」のジャケットデザインや新アーティスト写真も公開された。

「V6 20th ANNIVERSARY~Timeless~」V6挨拶(発言順)

長野博

今年の11月1日で僕たち丸20年を迎えることになります。デビューしてこんな20年間続けてこられたのはここに来てくだってる皆さん、本当にそのおかげだと思ってます。本当に感謝してます。ありがとうございます。これからも皆さんに愛されるV6でいられるようにがんばります。よろしくお願いします。今日はありがとうございました!

井ノ原快彦

今日はありがとうございました。すごく皆さん盛り上がってくださってうれしいです。20周年ということもあって6人の仕事もいっぱいあって、「これまでどうでしたか?」とか過去を振り返ることもたくさんありましたけど、やっぱりそんなとき皆さんに支えられてるんだなと思う次第です。でも僕ら死ぬわけじゃないんで、来年もやっていくんで先のほうも見ていかないといけないなとは思っております。今年みんなで楽しもうという目標がありますけども、まだまだ20年にとどまらずに30年、40年と皆さんと一緒に歩いていきたいなと思っております。毎日いろいろ大変なこともあるかもしれませんけど一緒に乗り越えていこうという気持ちでいますので、1日1日を大切に。僕らも皆さんのことを思いながら毎日をがんばっていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

三宅健

皆さん今日はお集まりいただきありがとうございました! 20周年を迎えられて、皆さんにこうやって応援していただけて、本当にありがたいと思っております。今日もすごい楽しかったし……でも残念ながらここにまだ、僕たちが大好きだっていう方が全員そろってるわけではないので、8月30日から始まるコンサートは楽しもうと思ってます。皆さんぜひコンサートでまたお会いしましょう。アルバム買ってください。

岡田准一

今日はなんだか……泣かされそうになり(笑)。本当に自分たちの愛した人、ファンの皆さんの前で、連れてきてもらってる感謝だったり、応援してくださる皆さんへの感謝を、20年迎える前に形で伝えられたらなと思ってます。今日は20周年の始まりということで、ライブでまた会えたら20周年を一緒に祝ってください。お願いします。ありがとうございます!

坂本昌行

皆さん今日はどうもありがとうございました。20周年を迎えられるとはデビュー当時は考えもしなかったし想像もできなかったです。でもこうして実際に20周年を迎えることができて本当に心から感謝をしていると同時に、僕らだけじゃなくて皆さんと一緒に歩んできた20年だと思ってますので、皆さんもおめでとうございます。僕のことですけど、40越えてメンバーと一緒にいて、こうした仲間がいるっていうのはすごく幸せなことですし、一番の宝物です。20周年のライブは皆さんに手伝っていただいたアンケートでリクエストいただきまして本当にありがとうございました。今回僕たちも構成とか作りますけれども皆さんと一緒に作るコンサートっていう形でやっていきたいと思いますので、ライブでお会いしましょう。

森田剛

5人もいっぱいしゃべってますし、アレですけど……でも本当に最近6人の仕事が多くて、ほぼ毎日一緒にいて、20年迎えることができたなあと噛み締めながら生活してます。いいもんです(笑)。6人で話してるとやっぱり「ファンのみんなが」っていう言葉が出てくるし、僕たちがみんなに伝える気持ちは1つので、皆さんぜひ8月からのコンサート遊びに来てください。今日はありがとうございました。

V6「SUPER Very best」収録内容

CD

DISC 1

01. MUSIC FOR THE PEOPLE
02. MADE IN JAPAN
03. BEAT YOUR HEART
04. TAKE ME HIGHER
05. 愛なんだ
06. 本気がいっぱい
07. WAになっておどろう
08. GENERATION GAP
09. Be Yourself!
10. 翼になれ
11. over
12. Believe your smile
13. 自由であるために
14. 太陽のあたる場所
15. 野性の花

DISC 2

16. IN THE WIND
17. CHANGE THE WORLD
18. 愛のMelody
19. キセキのはじまり
20. 出せない手紙
21. Feel your breeze
22. メジルシの記憶
23. Darling
24. COSMIC RESCUE
25. ありがとうのうた
26. サンダーバード -your voice-
27. UTAO-UTAO
28. Orange
29. グッデイ!!
30. HONEY BEAT

DISC 3

31. ジャスミン
32. way of life
33. 蝶
34. LIGHT IN YOUR HEART
35. スピリット
36. GUILTY
37. only dreaming
38. Sexy.Honey.Bunny!
39. バリバリBUDDY!
40. kEEP oN.
41. ROCK YOUR SOUL
42. 君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか
43. 涙のアトが消える頃
44. Sky's The Limit
45. Timeless
46. ~此処から~(※初回生産A盤のみ)[作詞:V6 / 作曲:井ノ原快彦]
46. Wait for You(※初回生産B盤のみ)[作詞:Micro(Def Tech) / 作曲:RedOne]
46. HELLO(※Loppi・HMV盤のみ)[作詞・作曲:Chemical Volume]

初回生産A盤DVD

・「~此処から~」Music Video
・V6 20th Anniversary ~6人だけの合宿企画~ "until now"編
・メイキング映像(予定)

初回生産B盤DVD

・「Wait for You」Music Video
・V6 20th Anniversary ~6人だけの合宿企画~ "from now"編
・メイキング映像(予定)

V6 20th ANNIVERSARY SHOP盤DVD

01. MUSIC FOR THE PEOPLE
02. MADE IN JAPAN
03. BEAT YOUR HEART
04. TAKE ME HIGHER
05. 愛なんだ
06. 本気がいっぱい
07. WAになっておどろう
08. GENERATION GAP
09. Be Yourself!
10. 翼になれ
11. over
12. Believe Your Smile
13. 自由であるために
14. 太陽のあたる場所
15. 野性の花
16. IN THE WIND
17. CHANGE THE WORLD
18. 愛のMelody
19. キセキのはじまり
20. 出せない手紙
21. Feel your breeze
22. メジルシの記憶
23. Darling
24. COSMIC RESCUE
25. 強くなれ
26. ありがとうのうた
27. サンダーバード-your voice-
28. UTAO-UTAO
29. Orange
30. グッデイ!!
31. HONEY BEAT
32. 僕と僕らのあした
33. ジャスミン
34. Voyager ~ボイジャー~
35. way of life
36. 蝶
37. LIGHT IN YOUR HEART
38. Swing!
39. スピリット
40. GUILTY
41. 星が降る夜でも
42. only dreaming
43. Sexy.Honey.Bunny!
44. バリバリBUDDY!
45. kEEP oN.
46. ROCK YOUR SOUL
47. Supernova
48. 大人Guyz
49. 君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか
50. 涙のアトが消える頃
51. Sky's The Limit
52. Timeless
53. SPOT LIGHT

音楽ナタリーをフォロー