HAWAIIAN6 & RADIOTS、トラブル乗り越え幕張をパンキッシュに

426

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'15」が本日6月20日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催。この記事ではEVIL STAGEで行われたHAWAIIAN6、RADIOTSのライブの様子を紹介する。

HAWAIIAN6(Photo by Tetsuya Yamakawa[showcase])

HAWAIIAN6(Photo by Tetsuya Yamakawa[showcase])

大きなサイズで見る(全10件)

HAWAIIAN6

YUTA(Vo, G / HAWAIIAN6)(Photo by Tetsuya Yamakawa[showcase])

YUTA(Vo, G / HAWAIIAN6)(Photo by Tetsuya Yamakawa[showcase])[拡大]

HAWAIIAN6はHATANO(Dr)の「エントリーナンバー2番! PIZZA OF DEATH RECORDS元所属HAWAIIAN6! よろしくお願いします」という挨拶から「LIGHT AND SHADOW」をドロップ。ファンは一気にヒートアップし、さっそくモッシュやクラウドサーフを繰り返す。YUTA(Vo, G)はギターを掲げて扇情的に歌唱したかと思えば華麗なライトハンド奏法を見せ、GURE(B, Cho)はハイトーンのコーラスを響かせる。さらにバンドは「THE LIGHTNING」「PROMISE」と人気曲を連投していった。

途中、照明システムがダウンするアクシデントに見舞われるも、HATANOは「皆様は“サプライズの向こう側”ってご存知ですか? まあ俺たちのビジュアルがお見せできないのは残念ですが」とトラブルをも楽しむ様子をうかがわせた。さらにPIZZA OF DEATH RECORDSに所属していた彼ららしく、「PIZZA OF DEATHはこんな大きい会場を借りて、本当にふざけたことをやっています。あの頃と何も変わってないことをうれしく思います」と古巣への熱い思いを口にした。その後彼らは「MAGIC」、横山健が制作した「TINY SOUL」などPIZZA OF DEATH RECORDS時代の楽曲を畳み掛ける。そして最後を飾ったのは「RAINBOW, RAINBOW」。シャッフルのリズムに乗せオーディエンスはジャンプしたり肩を組みあったりして、彼らの演奏を存分に楽しんだ。

RADIOTS

RADIOTS(Photo by yuji honda)

RADIOTS(Photo by yuji honda)[拡大]

RADIOTSのステージは「YO-HO A PIRATE'S LIFE FOR ME」からスタート。YOSHIYA(Vo)の力強いボーカルと、HIROMITSU(G, Vo)のシャウトでディズニー映画の楽曲をパンキッシュに染め上げた。YOSHIYA(Vo)は低姿勢でフロアのファンの様子を覗き込むようにしながら熱唱。YUKI(Dr)は安定感あるリズムでバンドの演奏を支え、ANTON(B, Vo)はコーラスでボーカルに厚みを加える。「No Named Sky」ではHIROMITSUがギターをマンドリンに持ちかえ、ファンを軽やかに踊らせる一幕も。だがイントロが終わるとすぐにHIROMITSUはギターに持ち替え、今度は精緻なプレイでファンを魅了した。

MCで両手を広げて「でっけえライブハウスへようこそ!」とファンに語りかけたYOSHIYA。「ANGEL ON THE BATTLEFIELD RADIOTS」ではフロアのファンを指差しながら、1人ひとりに届けるように丁寧に歌唱すると、「DREAM OF WORLD」の後半ではオーディエンスが拳を突き上げながらシンガロング。そのファンの熱い思いに応えるようにYOSHIYAはフロアへ降り、ラストナンバー「UPRISING」までオーディエンスに支えられながら渾身の歌声を届けた。

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

HAWAIIAN6のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 HAWAIIAN6 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。