音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

FACT「SATANIC CARNIVAL '15」締めくくる激情パフォーマンス

2376

FACT(Photo by yuji honda)

FACT(Photo by yuji honda)

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'15」が本日6月20日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催。この記事ではSATAN STAGEで行われたFACTのステージの模様をレポートする。

SEとして「haze」が流れ、青い照明とCO2が緊張感を漂わせるSATAN STAGE。そのラストを飾るFACTはHiro(Vo)の感謝の言葉と「行こうぜ! ぶっ壊せ!」とアジテートの声からライブをスタートさせた。重厚なバンドアンサンブルに映像や照明、そしてたくさんのレーザー光線を同期させたコンセプチュアルなステージが繰り広げられる。彼らは「slip of the lip」「the shadow of envy」といったおなじみのナンバーから最新アルバム「KTHEAT」の「the way down」「wait」までさまざまな楽曲を次々とフロアに届けていった。

後半に披露された「disclosure」ではHiroがステージからフロアの柵前に移動。キッズの至近距離で「歌えるやつ前来いよ!」と声を上げ、多数のクラウドサーフを巻き起こした。一方Adam(G, Vo)はMCで「俺は日本人じゃないけど、日本に来てこういうイベントに参加できてホント感謝してるんだ」と話し、Kazuki(G, Vo)は「『Warped Tour』より全然ヤバいよ!」と語った。

終盤にはHiroが年内の解散について「バカみたいに当たり前に日が沈むし昇る。俺たちは今年“沈む”けど、また新しい日が昇ったらよろしくね!」と言って「sunset」をプレイ。マイクを両手で持ち、力を込めて楽曲を歌唱する。楽曲の締めくくりに「最高の思い出がまた1つできました!」と話して小型の鉄琴を鳴らす彼に向かってオーディエンスは両手を左右に振って応えた。そしてラストの「a fact of life」ではHiroの「ここまで来いよ!」という声に誘われて後方から続々とオーディエンスが前方に詰めかけ、トリプルギターによって紡がれるポジティブなメロディとともにピースフルな空間を生成。歓声とともに本編が締めくくられた。

アンコールを求めるキッズたちの前に再び現れたFACTは、改めて観客やすべての関係者に感謝の言葉を述べる。そして「いろんな意味を込めて」と話し「rise」を演奏。その後ステージを立ち去るメンバーたちに万雷の拍手が送られる。こうして10時間あまりにわたって行われ、1万7000人を動員した「SATANIC CARNIVAL'15」の全ステージが終了した。

音楽ナタリーをフォロー