音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

GLAY、10年ぶりドームで恩人YOSHIKIと奏でた感動の「RAIN」

3748

GLAY「20th Anniversary FINAL GLAY in TOKYO DOME Miracle Music Hunt Forever」5月31日の東京・東京ドーム公演の様子。(撮影:岡田裕介)

GLAY「20th Anniversary FINAL GLAY in TOKYO DOME Miracle Music Hunt Forever」5月31日の東京・東京ドーム公演の様子。(撮影:岡田裕介)

GLAYが5月30、31日に東京・東京ドームにてワンマンライブ「20th Anniversary FINAL GLAY in TOKYO DOME Miracle Music Hunt Forever」を実施した。

バンドにとって10年ぶりとなったこの東京ドーム公演には2日間で計11万人が参加し、GLAYのデビュー20周年のアニバーサリーイヤーのフィナーレを見届けた。この記事では、31日公演の様子をレポートする。

ライブは初日同様、10年前の東京ドーム公演でTERU(Vo)がマイクスタンドに残した白いジャケットがステージに登場する演出からスタート。続いてアリーナ後方に姿を見せたメンバーは用意された白い気球に乗り込むと、投げキッスをしたりしながらステージへと移動していく。ステージに到着したTERUはTAKURO(G)はハイタッチを交わすと、着ていた黒いジャケットを脱ぎ白いジャケットに身を包んだ。そして「10年間待っててくれて本当にありがとう! 今日は最高の夢を見させてやるぞ!」と叫び、1曲目として「疾走れ!ミライ」を伸びやかな声で歌い上げた。

セットリストは前日と同様に最新アルバム「MUSIC LIFE」の楽曲とバンドを代表するナンバーを中心としながらも、構成や内容を変えたものに。歴代の作品のジャケット写真やアーティスト写真を使った遊び心たっぷりの映像がオーディエンスを沸かせた「everKrack」に続いたのは、TAKUROの弾く哀切たっぷりのギターから幕を開ける「月に祈る」。懐かしいナンバーを、観客は体を揺らしながら味わい尽くす。また初日は本編の後半に披露された「誘惑」は、この日は「いきなりトップギアに行くぞ!」というTERUの言葉から前半戦の起爆剤として届けられた。4人は花道をくまなく動き回りつつ、メンバー同士の絡みを前日にも増して積極的に繰り広げる。

「いろんなタイミングでGLAYと出会った人が多いと思いますが、この曲で出会った人も多いと思います」というTERUの紹介から始まった「春を愛する人」では、観客とメンバーの柔らかな歌声が重なる。続いてのブロックが始まる前にTERUは「ここまで連れてきてくれたのは皆さんです。ホントにありがとう!」「これからの10年、20年は楽しいことだらけの活動をしていきたいと思います」と誓い、指揮者の溝口肇と室屋光一郎が率いるストリングス隊を紹介した。その後は「pure soul」を皮切りに、ストリングスの繊細で豊かなアンサンブルが映えるバラードが続く流れに。スクリーンには目を閉じマイクを両手で包み込み歌うTERU、丁寧に楽器を弾くTAKURO、HISASHI(G)、JIRO(B)の姿が映し出され、観客の感情を揺さぶっていく。

後半戦の幕開けを飾ったのは、HISASHIとJIROがツインボーカルを務める「BLACK MONEY」。火炎が飛び交い花火が打ち上がる中、2人は向かい合って楽器をかき鳴らす。そしてTERUが再び合流しての「嫉妬」からライブはクライマックスに向けて加速していく。本編の最後でTERUは夢を持つ大切さを熱く語り、「GLAYは解散しないので、これからもたくさん夢をみていきましょう。また夢を叶えていきましょう」と語り、新曲「HEROES」へとつなげる。4人は全身全霊のプレイを届け、ステージに熱気を残したまま本編を締めくくった。

アンコールではバンドの歴史を2015年からさかのぼるライブ映像やミュージックビデオがスクリーンに映し出され、オーディエンスのため息と合唱を誘う。そして「1994」の数字が映し出され、メジャーデビュー曲「RAIN」のMVが終わった瞬間、クリスタルピアノを弾くYOSHIKIX JAPAN)がステージ下から登場。予想外のゲストにオーディエンスは騒然となるも、彼がはにかむと大歓声を上げた。そしてドラマチックな演出を経て始まったのは「RAIN」だった。YOSHIKIのピアノに乗せて、GLAYの丁寧な演奏が重なり総立ちになったオーディエンスを魅了する。TERUが間奏で思わず「幸せだなあ……」とこぼすと、観客もそれに同意するように拍手した。

静まりかえるドームにYOSHIKIの奏でるアウトロが響き、曲はクライマックスへ。深い余韻が残る中でTERUは「僕らをこの世界に連れてきてくれました」と“恩人”のYOSHIKIを紹介する。TAKUROは「ホントにありがとうございます。メンバー4人、こんな幸せな20周年はありません」としみじみ。くすぶっていたGLAYを見出してくれたことに対する感謝の思いを伝え、「GLAYをこんなに人に祝福されるまで成長させてくれたYOSHIKIさんになんてお礼を言っていいかわからないんで、YOSHIKIさん抱きしめさせてください」とYOSHIKIと熱い抱擁を交わす。その光景を前にしたTERUも「俺も抱きしめたい!」と叫び、JIROとHISASHIもそれに続く。後輩たちの熱い思いを受けたYOSHIKIは「デビューのきっかけを作ったのは僕ですが、この20年間のGLAYを支えてきたのはスタッフであり、ここにいるみんなだと思います。本当にありがとうございます」と涙ぐみ、観客を巻き込んで「We are GLAY!」の掛け声とともに記念撮影を敢行する。さらに「僕はX JAPANってバンドをやってるんですが、僕にとってGLAYは後輩なんですが先輩みたいで。うちらのバンドもGLAYを見習ってね。うちのバンドは問題がいっぱい起きるんで(笑)」とGLAYのメンバーを笑わせる。そして「東京ドームはX JAPANのホームなんだけど、18回ドーム公演をやってて。20回目はGLAYに出てもらおうかな」と、GLAYとの再共演の約束を取り付ける。去り際にYOSHIKIはX JAPANのライブで欠かせないXジャンプをドーム中を巻き込んで行い、YOSHIKIコールに見送られてステージをあとにした。

TERUは「今日は真面目に音楽をやってれば、必ずいいことが起きるんだなって伝えられた気がしました。X JAPANの20回目の東京ドームにGLAYが出られたらすごいよね。その日まで夢をみて、俺たちはこれからも熱く活動していきます。これからもついて来いよ!」と叫び、「生きてく強さ」を力強く歌い上げた。さらに「まだまだいけるぞ!」という宣言からなだれ込んだのは「彼女の"Modern…"」。メンバーと観客の熱気はどんどん上昇していき、JIROも「めっちゃ楽しいぜ!」と叫び「SHUTTER SPEEDSのテーマ」を熱唱する。「微熱(A)girlサマー」でひと盛り上がりしたあとは、楽しいムードのまま最後のMCへ。TERUは「10年かけてあっためてあっためて描いてきた夢も一瞬だったなと思います。またGLAYは次なる夢に旅立ちたいと思います。10年先も、20年先も、30年先までこうやって幸せな空間を作っていけたらと思うので。これよりももっともっとすごい夢を見させてやるぜ」と口にする。そして、メンバーは自分たちと観客がこれからも素晴らしい“MUSIC LIFE”を送れるようにと「MUSIC LIFE」をプレゼントした。

最後の挨拶の最中にTERUは「次はXとドームだ! 忘れんじゃねえぞ!」「ホールツアーやるぞ! アリーナツアーやるぞ! 次は必ずみんなの街で会いましょう!」と新たな夢を次々と宣言。4人はそれぞれのファンに感謝の思いを伝えると、肩を組み笑顔を浮かべたまま名残惜しそうにステージをあとにする。そしてTERUの「行ってきます!」の声が響く中で、GLAYにとって10年ぶりの東京ドーム公演は終幕した。

※音楽ナタリー PowerPush 公開中!
GLAY ニューシングル発売記念 HISASHI(GLAY)×澤村小夜子(ねごと)対談

GLAY「20th Anniversary FINAL GLAY in TOKYO DOME Miracle Music Hunt Forever」
2015年5月31日 東京ドーム セットリスト

01. 疾走れ!ミライ
02. Young oh! oh!
03. everKrack
04. 月に祈る
05. 誘惑
06. 春を愛する人
07. SOUL LOVE
08. Only Yesterday
09. 浮気なKISS ME GIRL
10. pure soul
11. つづれ織り ~so far and yet so close~
12. 軌跡の果て
13. BLACK MONEY
14. 嫉妬
15. 百花繚乱
16. FAME IS DEAD
17. TILL KINGDOM COME
18. HEROES
<アンコール>
19. RAIN
20. 生きてく強さ
21. 彼女の"Modern…"
22. SHUTTER SPEEDSのテーマ
23. 微熱(A)girlサマー
24. MUSIC LIFE

音楽ナタリーをフォロー