音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

メレンゲ、笑顔でヤマザキの最終ステージ飾る

140

メレンゲ「初恋の掟」の様子。(Photo by w.mdzk)

メレンゲ「初恋の掟」の様子。(Photo by w.mdzk)

メレンゲが4月24日に東京・LIQUIDROOMにてワンマンライブ「初恋の掟」を開催した。

この日をもってヤマザキタケシ(Dr)がバンドを脱退することを発表していたメレンゲ。彼らはMCでのクボケンジ(Vo, G)の「5人全員がメレンゲのメンバーとして曲を届けたいと思う」という言葉通り、クボ、タケシタツヨシ(B)、ヤマザキさらに、サポートメンバーの松江潤(G)と皆川真人(Key)という5人で、ヤマザキのラストステージを盛り上げた。

5人はゆっくりとステージに登場。ヤマザキのカウントを合図に「旅人」でライブをスタートさせる。序盤から「チーコ」「ムシノユメ」といった1stアルバム「ギンガ」の楽曲を披露しファンを喜ばせた。また曲間にはドラムソロ、ギターソロなどを挟み、さまざまなアレンジでライブを展開していった。

中盤、クボがアコースティックギターに持ち替え、バンドは「タイムマシーンについて」「underworld」をプレイ。クボが紡ぐ柔らかな旋律に、4人は多彩な音を重ねていき、厚みのあるアレンジで観客を魅了する。さらに「underworld」の後半には倍速のビートで場内の高揚感も倍増させた。MCでは前日にポール・マッカートニーのライブを観に行ったというクボが、ポールの日本語が片言でかわいかったと言い、真似てみせる一幕も。またクボは新旧織り交ぜたセットリストに言及し、「いろんなことやってきたなあ」とバンドの歴史を振り返った。

バンドは転調を繰り返していく「ムーンライト」、打ち込みサウンドを多用した「僕らについて」といったナンバーでファンのテンションを上げていくと、「アルカディア」をドロップ。ピンク色の照明に照らされたステージで、5人は感情的な演奏を見せた。さらにヤマザキが立ち上がってハンドクラップを煽った「バンドワゴン」、クボがサビをファンに託した「ビスケット」といったアップチューンでライブ本編を終える。最後にクボが「これからもメレンゲとヤマザキタケシをよろしくお願いします」と挨拶し、ステージを下りた。

アンコールでは「ストロボ」「願い事」とまたもや初期曲をドロップしたメレンゲ。ダブルアンコールではクボがヤマザキを見て「やりますか」と話しかける。そしてヤマザキが一息置いて、5人は「カッシーニ」へ。クボとタケシタはヤマザキの方を向き、笑顔で演奏をする。ひときわ明るい照明が場内を照らし、ヤマザキの最後を演出でも彩った。

最後にヤマザキは1人残り「僕の中にはメレンゲの血がずっと流れてるので、“元メレンゲ”という名に恥じないようにこれからも精進していきたい」と決意を語る。さらに「今後ともメレンゲをよろしくお願いします」とファンにメッセージを届け、ファンから惜しみない拍手が贈られる中、メレンゲとしてのステージをあとにした。

なお新体制となったメレンゲは7月26日に東京・LIQUIDROOMにてワンマンライブ「ハッピーアイスクリーム」を開催。バンドのオフィシャルサイトでは5月9日12:00から12日23:00までチケットの先行予約を受け付ける。

メレンゲ「初恋の掟」
2015年4月24日 LIQUIDROOM セットリスト

01. 旅人
02. チーコ
03. アンカーリング
04. ムシノユメ
05. きらめく世界
06. 初恋のオマケ
07. 忘れ物
08. タイムマシーンについて
09. underworld
10. 楽園
11. ムーンライト
12. 僕らについて
13. アルカディア
14. 輝く蛍の輪
15. ライカ
16. バンドワゴン
17. ビスケット
18. 夕凪
<アンコール>
19. ストロボ
20. 願い事
<ダブルアンコール>
21. カッシーニ

メレンゲ「ハッピーアイスクリーム」

2015年7月26日(日)東京都 LIQUIDROOM

音楽ナタリーをフォロー