音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

超特急、多彩な要素詰め込んだZeppツアー

301

超特急「"BULLET TRAIN ONEMAN SHOW 2014" 真夏の全国Zepp TOUR~孤高の戦士達が力を解き放つ時 '感電注意報発令!' ~」8月29日のZepp Tokyo公演の様子。

超特急「"BULLET TRAIN ONEMAN SHOW 2014" 真夏の全国Zepp TOUR~孤高の戦士達が力を解き放つ時 '感電注意報発令!' ~」8月29日のZepp Tokyo公演の様子。

超特急が昨日8月29日、東京・Zepp Tokyoにて「"BULLET TRAIN ONEMAN SHOW 2014" 真夏の全国Zepp TOUR~孤高の戦士達が力を解き放つ時 '感電注意報発令!' ~」の追加公演を行った。

全国5都市のZepp会場を巡る今回のワンマンツアーは、「Believe × Believe」のビデオクリップの続編にあたる物語を軸に進行。ツアーファイナルとなったこの日はニコニコ生放送にて中継され、全国各地のファンがライブの模様を楽しんだ。

場内が暗転するとスクリーンにて、7人演じる“戦士”が平和ボケによりかつての戦闘力を失ったため、それを見かねた“神”が未来に存在する“真の勇者”である超特急に出会わせるという内容の映像が繰り広げられる。映像内で戦士が「タイムマシーンZepp号」に乗り込みお台場に降り立つと、ステージ上に組まれた高台にコーイチ、タカシがポップアップで飛び出してきた。続いてダンサー5人がセット中央のゲートから登場し、7人が勢ぞろいすると彼らを歓迎する熱烈な声援が場内に沸き起こる。千鳥格子柄の衣装を着たメンバーは派手なスモークの中「Secret Express」「ikki!!!!!i!!」で一気に勢いをつけると、コーイチの「Zepp Tokyo、ただいまー!」という言葉から自己紹介へ。コーイチが「ちょっと肌寒くなってきたけど、夏はまだ終わってないぜ!」と呼びかけたり、ユースケがニコ生の視聴者にアピールしつつ血管がはち切れそうな絶叫で挨拶したりと各々気合いの入った様子を見せた。

MCの締めを任されたリョウガによる「皆さん今、生きてますよね? じゃあ、生きてる今が最新型なわけじゃないですか。ということは、今までの人生の中で最高に盛り上がることができるんですよ」という発言が8号車(ファン)の気持ちを高ぶらせ、「Drive on week」「Kiss Me Baby」でフロアがヒートアップしたところで再びスクリーンに映像が流れる。舞台がお台場から秋葉原に変わると、オタク風ファッションやアニメキャラクターのような衣装に身を包んだ7人が「Rush Hour」に乗せてステージに現れた。ここではスクリーンに映る「TOKYO OTAKU CHALLENGE」という文字と萌系イラストをバックに、美女役として女装したユーキをほかのメンバーが追いかけるというパフォーマンスが展開。続く「panipani」「Kura☆Kura」でも歌詞の内容に沿って振り付けにアレンジが加わり、普段のライブとはひと味違うユニークな演出が観客を魅了した。ユーキとユースケでカップルが成立するも、ユースケが女性アイドルに扮したタカシの映像に夢中になったことでユーキが失意の底に沈む。そこに警官の帽子をかぶったカイがやってきてユースケを指さし、背後に「浮気は許しません!」との文字が浮かび上がると「POLICEMEN」に突入した。曲中、必死に弁解する素振りを見せたユースケだったが、最終的にはユーキがユースケをすり抜け、カイに抱きつくという結末を迎えた。

スクリーンにペンライトを消すよう促すメッセージが映り、たちまち真っ暗になる場内。白い服に着替えた7人がスタンバイすると、自身にも投影される映像演出とともに本格的EDMチューンの新曲「Time Wave」を披露する。さらに歌詞と同様に誘うような仕草で観客を釘付けにした「We can do it」、妖しげな雰囲気を持つデビュー曲「TRAIN」でクールな一面を存分に見せつけ、無言でその場を去っていった。

続いてはコーイチとタカシのボーカル2人が、ゲストミュージシャンによる生演奏で歌声をじっくり聴かせるパートに。まず奏でられたのはテンポを落とした「走れ!!!!超特急」。2人はアイコンタクトを取りながら、アコースティックギターの音色に乗せて丁寧に歌を紡いでいく。コーイチは「1カ月かけて作ってきたセッションを皆さんに届けたいと思います」と語り、ボーカリストとしての風格を漂わせる。2人はアコギとエレピのアンサンブルに支えられながら「refrain」「Keyword」で美しいハーモニーを届け、客席を酔わせた。歌い終えると深々とおじぎし、客席からの温かい拍手を浴びた。

ユーキ、カイ、リョウガ、ユースケ、タクヤの順でソロパフォーマンスを行い、今度はダンサーが本領を発揮する。コーイチが「まだまだアツくいこうぜ!」と煽ってスタートしたブロックでは、彼らは「Pretty Girl」のファンを巻き込んだ振りで一体感を生んだり、「Make it hot!」でテーブルクロス引きを実施したりと多彩なステージで8号車を楽しませる。本編最後には「7人の戦士たちは真の超特急となった。ついに今日このステージに立つ」というナレーションに導かれ「Believe × Believe」を熱演した。

アンコールでは「Shake body」ののち、テレビ朝日系「musicるTV」の番組内企画「ミリオン連発音楽作家塾~発掘!次世代ヒットメーカー~」で超特急に提供される楽曲のダンスパートのお披露目が行われる。これはツアー初日に番組MCを務めるヒャダインから試練として言い渡されたもので、メンバーは自分たちで考案した振り付けを新曲のトラックにあわせて一部分だけ披露した。すると突然ヒャダインがサプライズ登場し、超特急は驚きのあまりひれ伏してしまう。ヒャダインは陽気な口調で場の空気を仕切りつつメンバー考案の振り付けについてポイントを尋ねる。このプロジェクトで先頭に立ったというユーキはダンサー1人ひとりが提案したものをすべて採り入れたところがこだわりだと述べ、5人分の振りが凝縮されていると力説。さらに「僕はまとめただけです。僕の力がいらないくらいメインダンサーが力をつけてきているので、最高です!」と仲間をねぎらった。

ヒャダインを敬礼で見送った7人が本ツアーについて振り返ろうとした矢先、大きな効果音とともにテレビ東京のキャラクター・ナナナが出現。立て続けに訪れるサプライズゲストに目を丸くする超特急に待っていたのは、スクリーンでの新たな決定事項の発表だった。ここで10月からテレビ東京で開始されるドラマ「甲殻不動戦記 ロボサン」のエンディングテーマを担当すること、そのテーマ曲「Star Gear」が11月12日にシングルとしてリリースされること、センターはカイが務めること、発売を記念したフリーライブとサイン会が実施されることが一挙にアナウンスされ、ファンの喜びの声が会場に響きわたった。

一息ついたメンバーは改めてファンへ思いを伝える。シングルの表題曲で2度目のセンターに決まったカイは「もっともっと大きなステージに連れていくので、これからもついてきてください。皆さんの誇りになれるようにがんばるので、よろしくお願いします!」と力強く口にした。そして「Believe × Believe」のセンターを務めたリョウガは「ツアーファイナルをほんとに寂しく思うんですけど、8号車の方々と無事に終えることができてとてもうれしく思ってます」と告げる。さらにツアー前に初めて髪の毛を染めたことについて「今までたくさん引っ込み思案だ、前に出なさすぎだって言われてきたんだよ。でも2回目のセンターになって、今度こそセンターとして前に出てもいいのかなって決心して髪の毛を染めたんだよね」と明かした。そして12月25日に控える東京・東京国際フォーラム ホールA公演へ意気込むと、カイに向けて「カイおめでとう! これからは君についていきます」とセンターのバトンを渡した。約1カ月間のツアーのラストを飾ったのは「Starlight」。7人はステージを端から端まで歩いてすべての観客に感謝し、「以上僕たちは、超特急でした!」というおなじみの挨拶で締めくくった。

超特急「"BULLET TRAIN ONEMAN SHOW 2014" 真夏の全国Zepp TOUR~孤高の戦士達が力を解き放つ時 '感電注意報発令!' ~」
2014年8月29日 Zepp Tokyo セットリスト

01. Secret Express
02. ikki!!!!!i!!
03. Drive on week
04. Kiss Me Baby
05. Rush Hour
06. panipani
07. Kura☆Kura
08. POLICEMEN
09. Time Wave
10. We can do it
11. TRAIN
12. 走れ!!!!超特急
13. refrain
14. Keyword
15. Pretty Girl
16. Make it hot!
17. No.1
18. Believe × Believe
<アンコール>
19. Shake body
20. Starlight

音楽ナタリーをフォロー