音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48初のソロ国歌斉唱、岩佐美咲が広島戦で下手投げ

193

AKB48の岩佐美咲が4月11日に広島・Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島で開催された広島東洋カープと中日ドラゴンズの試合で国歌斉唱&始球式を敢行。AKB48のメンバーがソロで国歌斉唱を担当したのはこれが初となった。

岩佐が国歌斉唱と始球式を務めることになったのは、1月に発売された最新シングル「鞆の浦慕情」が広島県福山市の観光スポット・鞆の浦を舞台にした楽曲であることが理由。この日は福山市の特産品の販売や来場者抽選プレゼントなどが行われる「福山・鞆の浦スペシャルデー」と銘打たれた公式戦で、「福山・鞆の浦応援特別大使」にも任命されている彼女は振り袖姿でホームベースに立ち、いつもの笑顔とは違った神妙な表情で国歌をアカペラで歌い上げた。

始球式では、振り袖姿でキャッチャー目がけて下手投げで力いっぱい投球。国歌斉唱と始球式を終えた彼女は「AKB48のメンバーでは初めて国歌斉唱をやらせてもらえてすごくうれしかったです。始球式はすごく緊張しました。振りそでで投げるということで、ちゃんと振り袖を着て練習してきました。着物って、肘が見えると美しくないと言われて、下からのほうがいいかなと思って下から投げました。同じ事務所の先輩の水森かおりさんが、私が始球式をやると聞いてメールをくださって、『私も国歌斉唱も始球式もやったことがあるから大変さがすごくわかるからがんばってね』と言って、歌のアドバイスもしてくださったので、それがすごく心強くて、そのアドバイスを胸にがんばれました。でも、へなちょこでしたね」と興奮気味に語った。

プロ野球はこれまでに2回しか観戦したことがないという岩佐だが、「私は広島の野村謙二郎監督がすごく好きで、(ボールに)サインがいただけたので、わが家の家宝にします」と感激。この日を振り返って自己採点し、「100点ということにしておきます(笑)。これで試合が盛り上がってくれればいいなと思います」と笑顔を見せた。

彼女はその後ファンとの握手会も行い、「今回の新曲は、福山市の鞆の浦を舞台にした曲なので、広島県の皆さんにたくさん応援していただけるように、そしていろんなところでこの歌を歌って鞆の浦のいいところを広めていけたらいいなと思います」と話していた。

音楽ナタリーをフォロー