SCANDAL、新曲「Rainy」で初の洋画イメージソング挑戦

654

SCANDALの新曲「Rainy」が、4月19日より新宿ピカデリーほか全国で上映される映画「シャドウハンター」の日本版イメージソングに決定した。

SCANDAL

SCANDAL

大きなサイズで見る(全2件)

映画「シャドウハンター」メインビジュアル(c)2013 Constantin Film International GmbH and Unique Features(TMI)Inc.

映画「シャドウハンター」メインビジュアル(c)2013 Constantin Film International GmbH and Unique Features(TMI)Inc.

大きなサイズで見る(全2件)

映画「シャドウハンター」はリリー・コリンズが主演を務めるアクションアドベンチャーで、全世界で発行部数2200万部を突破したベストセラー小説を原作にしている。SCANDALが洋画のイメージソングとして楽曲提供を行うのは今回が初めてとなる。この曲の作詞作曲を手がけたRINA(Dr, Vo)は「映画のストーリーにインスピレーションを受けながら、葛藤を繰り返して、次のステージに進もうとする人の背中を押せるイメージで書いていきました」とコメント。なお映画のオフィシャルサイトでは新曲「Rainy」が使用された予告編を公開している。

RINA コメント

自分も知らなかった自分のパワー。何かのきっかけで思いもよらない力が発揮できる時ってあると思います。映画のストーリーにインスピレーションを受けながら、葛藤を繰り返して、次のステージに進もうとする人の背中を押せるイメージで書いていきました。サビはバンドらしい掛け合いの部分を作りたくて、スタジオでメンバーとセッションしながら作りました。ライブではお客さんと一緒に叫ぶのが楽しみです!とてもパワフルな曲に仕上がりました!

この記事の画像(全2件)

関連記事

SCANDALのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SCANDAL の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。