音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

楽曲提供は絢香!水嶋ヒロ主演「黒執事」主題歌に英国歌手

255

2014年1月18日に公開される水嶋ヒロ主演の映画「黒執事」の主題歌に、イギリス出身の21歳のシンガーソングライター、ガブリエル・アプリンが歌う「Through the ages」が決定。この楽曲を絢香が書き下ろしたことがわかった。

今回のコラボレーションが実現した経緯は、まず、本名名義で本作の共同プロデューサーを務める水嶋ヒロが主題歌担当アーティストにガブリエル・アプリンを推薦。それを受けて松橋真三プロデューサーが、いつか映画の主題歌を書き下ろしてもらいたいと考えていた絢香からの楽曲提供を思案した。

これを絢香の夫でもある水嶋に相談すると「この映画のことを企画の立ち上げ段階から知っているし、英詞にするラインもあるので、彼女なら期待に応えてくれると思います」と快諾され、作詞作曲が叶った。絢香は過去に工藤静香へ楽曲を提供した経験があるが、海外アーティストに提供するのは今回が初となる。

なお、主題歌「Through the ages」は12月4日にリリースされるガブリエルの日本盤アルバム「イングリッシュ・レイン~ニュー・エディション~」に収録される。

ガブリエル・アプリン コメント

「黒執事」の主題歌を歌うという依頼を受けて、とても興奮しました。私は今まで映画関係の依頼を受けたことがなかったので、外国からその依頼が来るなんて本当に驚きました。私が選ばれた、ということを光栄に思っています。主題歌に私を選んでくれて、どうもありがとう。そして、絢香! こんな素晴らしい曲が書けるなんて、すごいことだと思う。あなたの曲の歌い手に私が選ばれて光栄です。素晴らしいわ。あんな曲が書けるなんて、すごいと思う。

絢香 コメント

ガブリエル・アプリンの歌声を初めて聴いた時、あまりの美しさに心が動かされました。そんな素晴らしい声を持つ彼女に自分の書いた曲を歌って頂けるなんて、本当に嬉しいです。「絶対素晴らしい作品にする」という皆さんの熱い想いを知っていたので、話を頂いた時にはいつも以上に気合が入りました。試写を観ましたが、あまりに素晴らしくて感激しました。この映画に携われたことを光栄に思います。

大谷健太郎監督 コメント

絢香さんが作詞・作曲した主題歌は、本当に美しいバラードです。「黒執事」という作品の中で描かれる“聖なるもの”と“悪なるもの”、その両方の美しさを感じさせてくれるからだと思います。透き通るような歌声を持つガブリエル・アプリンが、曲のタイトル通り、そんな“時代を超えたもの”を、儚くも強く歌い上げています。映画を見終えた観客の皆さんの心に、深く染み渡っていくと思います。ぜひ劇場でお聴き下さい。

■映画『黒執事』特報
/

音楽ナタリーをフォロー