音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48、24時間ラジオチャリティ番組パーソナリティに就任

129

ニッポン放送が12月24日正午から翌25日正午にかけて24時間にわたって生放送する「第39回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」のメインパーソナリティにAKB48が就任。本日10月31日に同局にてパーソナリティ発表会見が行われ、AKB48の高橋みなみが出席した。

「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、集められた募金で視覚障害を持つリスナーのために音の出る信号機を設置するというチャリティキャンペーン。同キャンペーンは1975年からスタートし、これまでに2944基もの音の出る信号機が全国に設置されてきた。AKB48は同キャンペーンのメインパーソナリティ初の女性アイドルグループで、リスナーに募金を呼びかけるべく24時間にわたりさまざまなプログラムを行っていく。

会見でメインパーソナリティに選ばれた感想を尋ねられた高橋は「びっくりしましたね。AKB48としては『AKB48のオールナイトニッポン』やノースリーブスの『週刊ノースリー部』といった番組でニッポン放送には関わらせていただいてますけど、今回はとても由緒ある番組ですから、私たちがパーソナリティで大丈夫かなと。でもぜひやらせていただきたいと思いました」とコメント。また長時間にわたり番組を放送することに対する気構えについては「24時間起きていられるとは思うんですけど、しゃべり続けることができるのかなという不安はあります。でもやりきりたいと思います。メンバー全員の力を借りて24時間全力で突っ走ります!」と語った。

番組には、AKB48のほかにも放送中にさまざまなゲストが出演する予定。これを受けて、どんなゲストに来てほしいかと聞かれた高橋は「パラリンピックも決まったので、東京都知事の猪瀬直樹さんやプロ野球選手の田中将大選手に来ていただけたらいいなと思っています。もちろんAKB48のメンバーもたくさん出演しますし、卒業メンバーも来てくれたらうれしいな」と回答した。

さらに本年度の番組キャッチコピー「声かけあって~あなたの声は無限大~」にちなんで、AKB48の中での“いい声センター”は誰かという質問が投げかけられると、高橋は「私か渡辺麻友だと思います。麻友は声優の仕事もやってますし、私もライブで声張ってますからね。いい声ではセンターじゃないでしょうか(笑)」と自信満々の表情でアピールした。

ニッポン放送「第39回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」

2013年12月24日(火)12:00~25日(水)12:00

音楽ナタリーをフォロー