津田健次郎

津田健次郎

ツダケンジロウ

6月11日生まれ、大阪府出身。アニメ、洋画吹替、ナレーターなどの声優業、舞台や映像の俳優業を中心に、映像監督や作品プロデュースなど幅広く活動している。2019年には映画初監督作「ドキュメンターテイメント AD-LIVE」が公開。監督・出演を務めた「極主夫道」の実写PVは、YouTubeで1400万再生を超えている。2020年はNHK連続テレビ小説「エール」で語りを務めた。洋画の吹替でも「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」「ブラックパンサー」などさまざまな作品に参加している。