D・W・グリフィス

ディーダブリューグリフィス

無声映画期のアメリカを代表する映画監督。「國民の創生」(1915)、「イントレランス」(1916)などの超大作を、独自の映像表現と確固たるテーマ性のもとに作り、その名を残した。

関連する画像