ピアノ映画の特集で「戦場のピアニスト」など18本、伴奏付き上映も

198

「ギンレイ♪ピアノ映画祭~ギンレイホールにピアノがやってくる!~」と銘打たれた特集上映が、明日11月11日から17日にかけて東京・飯田橋ギンレイホールにて開催。整理番号付き前売り券が、劇場窓口にて販売されている。

「戦場のピアニスト」 (c)2002 STUDIOCANAL - HERITAGE FILMS - STUDIO BABELSBERG - RUN TEAM Ltd 配給:ブロードメディア・スタジオ

「戦場のピアニスト」 (c)2002 STUDIOCANAL - HERITAGE FILMS - STUDIO BABELSBERG - RUN TEAM Ltd 配給:ブロードメディア・スタジオ

大きなサイズで見る(全22件)

「SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~(2017デジタル・リマスター版)」 (c)映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』[2017デジタル・リマスター版] 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン 配給協力:ソニー・ミュージックダイレクト

「SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~(2017デジタル・リマスター版)」 (c)映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』[2017デジタル・リマスター版] 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン 配給協力:ソニー・ミュージックダイレクト[拡大]

この特集は、ギンレイホールにピアノを常設することを記念したもの。“ピアノを愛する人たちへ贈る、ピアノ愛にあふれた映画”の数々がスクリーンにかけられる。ロマン・ポランスキーがユダヤ人ピアニストの回想録を映画化したオスカー受賞作「戦場のピアニスト」、実在の作曲家をモチーフにした「ショパン 愛と哀しみの旋律」「敬愛なるベートーヴェン」など8本がラインナップされた。また「SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~(2017デジタル・リマスター版)」の特別上映も。

「生れてはみたけれど」 (c)1932松竹株式会社 配給:松竹

「生れてはみたけれど」 (c)1932松竹株式会社 配給:松竹[拡大]

さらに、ギンレイホール初となるピアノ伴奏付き上映も実施。サイレント映画ピアニスト・柳下美恵の伴奏付きで、小津安二郎の監督作「生れてはみたけれど」、D・W・グリフィスの監督作「散り行く花」など、9本のサイレント映画を日替わりで楽しむことができる。詳細は公式サイトで確認を。

ギンレイ♪ピアノ映画祭~ギンレイホールにピアノがやってくる!~

2017年11月11日(土)~17日(金)東京都 飯田橋ギンレイホール
<上映作品>
「戦場のピアニスト」
4分間のピアニスト
「ショパン 愛と哀しみの旋律」
「敬愛なるベートーヴェン」
シーモアさんと、大人のための人生入門
ピアノマニア
情熱のピアニズム
アルゲリッチ 私こそ、音楽!
「SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~(2017デジタル・リマスター版)」
キートンの探偵学入門
「隣同士」
「生れてはみたけれど」
最後の人
ロイドの福の神
「イカサマ野郎」
アイアン・ホース
第七天国
「散り行く花」
料金:一般 800円 / 会員、学生 500円
ピアノ伴奏付き作品料金:一般 1500円 / 会員、学生 1000円
※特別上映「SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~」は、一律2000円。

この記事の画像(全22件)

関連記事

ロマン・ポランスキーのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アイアン・ホース / 戦場のピアニスト / 散り行く花 / 第七天国 / ロイドの福の神 / 4分間のピアニスト / キートンの探偵学入門 / ショパン 愛と哀しみの旋律 / シーモアさんと、大人のための人生入門 / 敬愛なるベートーヴェン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。