映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ウェス・アンダーソン「犬ヶ島」メイキング映像、主演俳優が人形作りを体験

134

「犬ヶ島」メイキングカット

「犬ヶ島」メイキングカット

ウェス・アンダーソン最新作「犬ヶ島」のメイキング映像がYouTubeにて公開された。

近未来の日本のメガ崎市を舞台とする本作は、“犬インフルエンザ”の流行によって“犬ヶ島”に隔離された愛犬を探す少年・アタリと犬たちの冒険を描くストップモーションアニメ。第68回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて、監督賞に当たる銀熊賞を受賞した。ブライアン・クランストンジェフ・ゴールドブラムビル・マーレイらが声を当てる。

映像では、主人公アタリを演じた現在11歳のコーユー・ランキンが制作現場を訪れ、さまざまな工程を見学。46個あるというアタリの顔作りに挑戦する様子などが収められている。さらにアンダーソンが「コーユー・ランキンの演技をもとに人形をデザインした。彼の演技は本作の隅々にまで影響を与えた」と語るインタビューのほか、脚本を手がけたジェイソン・シュワルツマンらスタッフたちも登場する。

「犬ヶ島」は5月25日より全国でロードショー。現在、フィギュア付きムビチケカードの予約をセブンネットショッピングにて受付中だ。

(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画ナタリーをフォロー