映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ウェス・アンダーソン最新作「犬ヶ島」キャラポスター到着

194

「犬ヶ島」キャラポスター

「犬ヶ島」キャラポスター

ウェス・アンダーソン最新作「犬ヶ島」のキャラポスターが到着した。

近未来の日本のメガ崎市を舞台とする本作は、“犬インフルエンザ”の流行によって“犬ヶ島”に隔離された愛犬を探す少年・アタリと犬たちの冒険を描くストップモーションアニメ。第68回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて、監督賞に当たる銀熊賞を受賞した。

今回公開されたキャラポスターは12種類。ブライアン・クランストン演じるチーフ、ジェフ・ゴールドブラム演じるデューク、ビル・マーレイ演じるボス、ティルダ・スウィントン演じるオラクル、リーヴ・シュレイバー演じるスポッツといった犬たちのほか、野村訓市が演じたメガ崎市市長・小林、グレタ・ガーウィグが声を当てた交換留学生のトレイシー・ウォーカー、野田洋次郎RADWIMPS)が演じたニュースキャスター、夏木マリが演じた下宿のおばさんという人間たちの姿が捉えられている。

クランストンは「チーフは浮いた存在だが、偉大な高潔さがある。僕がチーフを好きなのは、希望があれば2度目のチャンスが来ることを教えてくれるからだ」とコメント。シュレイバーは「スポッツは厳しい訓練を受けていて、主人への忠誠心にあふれる理想的な犬だ。名誉を重んじるとともに、優しい心を持っている」と自身の役柄について説明している。

「犬ヶ島」は5月25日より全国でロードショー。現在、フィギュア付きムビチケカードの予約をセブンネットショッピングにて受付中だ。

(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画ナタリーをフォロー