映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「犬ヶ島」ウェス・アンダーソン13年ぶりの来日決定、ジェフ・ゴールドブラムも

457

犬ヶ島」の監督を務めたウェス・アンダーソンとキャストのコーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラムの来日が決定した。

近未来の日本のメガ崎市を舞台とする本作は、“犬インフルエンザ”の流行によって“犬ヶ島”に隔離された愛犬を探す少年アタリと犬たちの冒険を描くストップモーションアニメ。ランキンがアタリ、ゴールドブラムが犬の1匹であるデュークに声を当てた。

2005年の「ライフ・アクアティック」公開時以来13年ぶりの来日となるアンダーソンは「僕はこの3年間、イギリスの防音スタジオにあるミニチュアの日本で暮らしてきたようなものだった。日本映画に影響されているから、想像上の日本の中のことも考えると6年間になる。だから実物大の、本当の日本を訪れ、『犬ヶ島』を作り上げるためにこれまでかけた時間の成果を見せられることに興奮しているんだ」と話す。

3人は5月22日に行われる来日舞台挨拶イベントに出席する。「犬ヶ島」は5月25日より全国でロードショー。現在、フィギュア付きムビチケカードの予約をセブンネットショッピングにて受付中だ。

(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画ナタリーをフォロー