映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「耳を腐らせるほどの愛」ノンスタ井上の死にざまを石田が称賛、森川葵も出席

134

「耳を腐らせるほどの愛」ワールドプレミアの様子。左から豊島圭介、NON STYLE、森川葵、信江勇、村田秀亮。

「耳を腐らせるほどの愛」ワールドプレミアの様子。左から豊島圭介、NON STYLE、森川葵、信江勇、村田秀亮。

お笑いコンビ・NON STYLE井上裕介が主演、石田明が脚本を担当した映画「耳を腐らせるほどの愛」。本作のワールドプレミアが本日4月22日に第10回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」で行われ、NON STYLEとキャストの森川葵信江勇村田秀亮とろサーモン)、監督の豊島圭介が登壇した。

本作は、無人島のホテルを舞台に、ある男の死をきっかけに巻き起こる騒動を描くミステリーラブコメディ。「自称“天才”です!」と元気よくマイクを握る石田は、これから作品を鑑賞する観客に向けて「ただただ気を抜いて観てください。人生にとってもっとも無駄な1時間半です!」と紹介して盛り上げる。井上は「終始死んでまーす!」と自身の役どころを端的に説明。石田も「こんなに死ぬ演技がうまいとは。井上が死んでる状態が一番楽しい。ベストなキャスティングだった」と相方の死にざまを称賛した。

森川は「現場の楽しい雰囲気が映画にも出ていると思います。笑いながら楽しんでください」とオススメ。撮影中も八嶋智人を中心に賑やかだったらしく、井上は「みんな初めましてとは思えないくらい、昔からの友達とわいわいしている感じ。若い頃からご一緒してる仲間のヒデ(村田)がいてくれたから場も明るくなった」と振り返り、まだ完成版を観ていない村田は「シュールすぎて『なんのシーン撮ってんのかな?』と思ってた」と語った。

井上にとって初主演映画となる本作。石田が脚本を書き進めている段階で「途中で井上を主演にしてくれと言われたんですが、最初は断ったんです(笑)。でも出すことになってめちゃめちゃ脇役にしたんですが、『もっと増やしてくれ』ということで出演シーンの多い死体にしました」と明かす。また「ネタバレしても大丈夫」と豊島と石田から直々に許可が降りると、森川は「山芋たっぷりのお好み焼きを作るシーン」とお気に入りの場面を挙げた。

「耳を腐らせるほどの愛」は2019年に公開予定。

映画ナタリーをフォロー