映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ノンスタ石田が「耳を腐らせるほどの愛」タイトルの真意明かす「パクリです!」

128

「耳を腐らせるほどの愛」初日舞台挨拶の様子。左から井上裕介、森川葵、石田明。

「耳を腐らせるほどの愛」初日舞台挨拶の様子。左から井上裕介、森川葵、石田明。

耳を腐らせるほどの愛」の初日舞台挨拶が、東京のシネ・リーブル池袋で6月14日に行われ、キャストの井上裕介NON STYLE)、森川葵黒羽麻璃央山谷花純村田秀亮とろサーモン)、脚本を手がけた石田明(NON STYLE)、監督の豊島圭介が登壇した。

本作は無人島のホテルで死体が発見されたことから起きる騒動を描くミステリーラブコメディ。石田は脚本執筆について「どうすればなるべく井上をしゃべらせずに成立させられるのかを考えるのが難しかったです。その結果、オープニングから死んでいるということになりました」と冗談めかして語る。当の井上は「皆さんは一流の役者さんでしっかり演技されていますけど、僕だけコントをやっている感じ。そのアンバランスを楽しんでいただけたら」と話すも、ステージの中央という立ち位置が落ち着かないようで、「できれば麻璃央をここに立たせてあげたい!」と謙遜した。

タイトルについて石田は、「『湯を沸かすほどの熱い愛』のパクリです!」と断言。「僕、井上のささやく声が超嫌いなんです。漫才中でも、女性にささやく場面があるとわざわざマイクに寄ってしゃべるんですが、そのたびに『耳が腐るな』と思っていた。それを伝えられたらなと」と解説。「わかりやすく言うと『井上のせいで俺の耳は腐ってるよ』っていうことです」と続け観客を笑わせ、「内容はそういう話ではないので、ノーガードで観ていただければ」と呼びかけた。

感情の起伏が激しい謎の男を演じた村田は「どういうつもりで俺にこの役を?」と石田に質問を投げかける。すると石田は「酒飲んでるときの村田さんを意識して書きました。(大きく腕を上下させながら)情緒がこうなる」と配役の理由を説明。撮影中は数々のアドリブを繰り出したという村田だが、完成した作品にはあまり使用されておらず、豊島に理由を尋ねる。豊島は「毎回違うネタを出してくれて面白かったのでついついテイクを重ねちゃったんですけど、編集してみたら長かった」と苦笑交じりに述べ、登壇者たちを爆笑させた。

最後に石田は「(鑑賞後の)帰り道、空き缶が転がっていたら絶対に蹴ると思う(笑)。そのくらい『なんやってん!』て思うような、気の抜けた作品」と話しつつ、「(井上の)キスシーンと濡れ場があります」とアピール。井上も「誰と何をしているのか……AVを超えたかもしれない」と煽ってみせるも「俺の濡れ場、ずっと監督は笑ってましたけど」と苦笑する。石田は「まさかそこで?ってなるところで、(キスシーンと濡れ場が)ありますので観てください!」と呼びかけた。

(c)「耳を腐らせるほどの愛」製作委員会

映画ナタリーをフォロー