映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「クジラの島の忘れもの」森崎ウィン、沖縄で映画用コール&レスポンス披露

450

「クジラの島の忘れもの」ワールドプレミアの様子。左から宮島真一、北川彩子、神田青、森崎ウィン、大野いと、幸地尚子、牧野裕二。

「クジラの島の忘れもの」ワールドプレミアの様子。左から宮島真一、北川彩子、神田青、森崎ウィン、大野いと、幸地尚子、牧野裕二。

クジラの島の忘れもの」のワールドプレミアが第10回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」にて行われ、キャストの大野いと森崎ウィン(PrizmaX)、監督の牧野裕二らが登壇した。

「クジラの島の忘れもの」は、阪神淡路大震災で命を落とした母との思い出を求め沖縄に移住してきた主人公・愛美が、ベトナム人技能実習生コアとの出会いを通じて希望を取り戻していくラブストーリーだ。

映画祭最終日となる本日4月22日に沖縄・桜坂劇場で行われたイベント。日本とベトナムの国交樹立45周年を記念して製作された本作の撮影は、全編が沖縄とベトナムで実施された。将来の夢が沖縄に別荘を持つことという森崎は「撮影地だった旅館の方々が『管理するよ』と言ってくれていて。もっとお金を稼がなくちゃですね」と笑顔を浮かべる。撮影で初めてベトナムを訪れた大野は「すべてが新鮮でした。バイクと車の量がすごかったです」と回想。同じ東南アジアのミャンマー出身である森崎は「近いから体がなじむんです。懐かしかったですね」と語った。

タイトルである「クジラの島の忘れもの」の印象を語る場面も。大野は「最初聞いたときはどんな物語が台本に書かれているんだろうと不思議でした。実は7年前に映画と同じ場所でCMの撮影があって。そのときのホエールウォッチングの思い出がよみがえりました」とコメント。また映画を観ていないPrizmaXのメンバーが宣伝をしてくれているそうで、森崎は「ファンとの間で『クジラの島のー?』『忘れものー!』というコール&レスポンスもできあがっていて。(福本)有希は『クジラは島に何を忘れたのか!?』とか言ってるんです。そういう映画ではないですけど(笑)。メンバーがタイトルだけで食い付いてくれるのはうれしいですね」と明かした。

舞台挨拶にはそのほか北川彩子幸地尚子神田青宮島真一も登壇した。「クジラの島の忘れもの」は、5月12日より東京・渋谷シネパレスほか全国でロードショー。

(c)クジラの島の忘れもの製作委員会

映画ナタリーをフォロー