映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

大野いと×森崎ウィン「クジラの島の忘れもの」ポスター到着、国境を越えた純愛物語

1089

大野いと森崎ウィンPrizmaX)が共演した「クジラの島の忘れもの」のポスタービジュアルが到着した。

日本とベトナムの国交樹立45周年を記念して製作された本作は、実話を題材にしたラブストーリー。震災で亡くした母との思い出を求め沖縄にやってきた主人公・愛美が、ベトナム人技能実習生コアとの出会いを通じて次第に心を開いていく姿が描かれる。「雨にゆれる女」「悪魔」の大野が愛美を演じ、「レディ・プレイヤー1」の森崎がコアに扮した。監督を務めたのは、沖縄出身で本作が長編映画デビュー作となる牧野裕二

美しい空と海が切り取られたポスタービジュアルには、シンガーソングライター・ReNによる主題歌「Umbrella」から引用したキャッチコピー「もしも願いが一つだけ叶うなら 君とずっと一緒にいたい」というフレーズが添えられている。

撮影は沖縄の座間味村や那覇、さらにベトナムで実施。国境を越えた純愛がつづられる本作について、大野は「沢山の方にこの映画を知って頂き、日本とベトナムの架け橋に一役かえたら嬉しいなと思いました」、森崎は「時代も国籍も性格も違うので僕なりに下調べをたくさんしました。そこで見えてきたものが現代には数少ない純粋で透明な愛の形を凄く感じたんです」とそれぞれコメントを寄せた。

「クジラの島の忘れもの」は5月12日より東京・渋谷シネパレスほか全国で公開。

大野いと コメント

ベトナムは今回の撮影で初めて訪れましたが、以前から行ってみたいと思っていた場所だったので、撮影でいける事になり嬉しかったです。とても暖かく、街に活気がありました。道ではいたるところで食べ物が売られていたり、バイクの数も凄かったところが日本とは全く違っていたりしてとても楽しかったです。
ベトナムでの撮影は、現地の方と一緒にお芝居をしたのですが、空き時間には、誕生日のお祝いの仕方を聞いたりと、日本との文化の違いに触れることができました。
作品は、震災を経験した女性が主人公だったので、とても身が引き締まる思いでした。大好きな沖縄とベトナムの空気感の中で撮影し、主人公の愛美という役を自然に演じることができたと思います。沢山の方にこの映画を知って頂き、日本とベトナムの架け橋に一役かえたら嬉しいなと思いました。夢を見失った主人公が、いつか新しい夢を見つけて前向きになっていくところに共感していただけたらと思います。
お仕事を頑張っている人や、何かに向けて走っている人、でも同時にきっと沢山の迷いや苦労があると思います。
そんな人達に、この映画を見て頂き、上を向いて前向きな気持ちになっていただけたら嬉しいです。
ベトナムや沖縄の素敵な景色も沢山出てくるので、ベトナムに興味がある人にも観て頂きたいです。

森崎ウィン コメント

この度、グェンコア役をやらせて頂いた森崎ウィンです。
今回初めてベトナムに行ったのですが、どこか懐かしく感じました。10才までミャンマーにいたからだと思います。ベトナムでの撮影時に印象に残っているのが、現地の方のパワフルな想いと底抜けの元気さです。タイトな撮影スケジュールで疲れ始めていたのにも関わらずパワーをもらったことですね! 言葉は通じ無くとも想いは何らかの形で人に届くんだと改めて実感させられました。
今回コアを演じる上で正直凄く苦労しました。時代も国籍も性格も違うので僕なりに下調べをたくさんしました。そこで見えてきたものが現代には数少ない純粋で透明な愛の形を凄く感じたんです。特に心を洗い流したい時に、是非劇場に足を運んで欲しいなと思います。

牧野裕二 コメント

実話を題材にした映画という事で、いろいろなことを深く考える機会となりました。
心に傷を負った女性が、徐々に再生し、そして成長していくという物語ですが、この難しい役柄を私の想像を超えて演じきってくれた大野いとさん、純朴かつストレートなベトナム人青年役を好演してくれた森崎ウィン君、
脇をきっちりと固めてくれた役者陣、そして長編初監督の私を支え、共に映画を創り上げて頂いたスタッフの皆さんに大変感謝しております。劇場に足を運びご覧頂けると幸いです。

(c)クジラの島の忘れもの製作委員会

映画ナタリーをフォロー