映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

橋本愛、永野芽郁、染谷将太が瀬田なつき監督作「PARKS」に出演

1329

「PARKS パークス」の出演者。左から染谷将太、橋本愛、永野芽郁。

「PARKS パークス」の出演者。左から染谷将太、橋本愛、永野芽郁。

瀬田なつきの監督作「PARKS パークス」の公開日が4月22日に決定。あわせて橋本愛が主演を務め、永野芽郁染谷将太も出演することが明らかになった。

本作は東京・井の頭恩賜公園の開園100周年を祝う公式事業である青春音楽映画。物語は、吉祥寺に住む大学生・純のもとに、亡くなった父の昔の恋人・佐知子を探す高校生ハルがやってきたことをきっかけに動き出す。2人は佐知子の孫トキオと出会い、すでに故人となっていた佐知子の遺品からオープンリールテープを発見。テープには、ハルの父と佐知子の歌声が吹き込まれていた。映画は、純、ハル、トキオが、途中で途切れてしまっていたその楽曲を完成させるために奮闘するさまを追っていく。橋本が純、永野がハル、染谷がトキオを演じた。

そしてこのたび、すでに発表されていた石橋静河森岡龍佐野史郎のほか柾木玲弥長尾寧音黒田大輔斉藤陽一郎らが出演することも明らかに。ほか澤部渡(スカート)、北里彰久(Alfred Beach Sandal)、シャムキャッツ高田漣らミュージシャンも登場する。

またエンディングテーマが相対性理論の「弁天様はスピリチュア」に決定。同楽曲は、2014年に閉館した映画館・吉祥寺バウスシアターの解体直前に館内で行われたセッションをもとに作られ、現在は井の頭恩賜公園の定時放送にも使用されている。

(c)2017本田プロモーションBAUS

映画ナタリーをフォロー