映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

橋本愛、永野芽郁、染谷将太が瀬田なつきの「パークスがスパーク」発言にほっこり

261

左から「PARKS パークス」監督の瀬田なつき、キャストの永野芽郁、橋本愛、染谷将太。

左から「PARKS パークス」監督の瀬田なつき、キャストの永野芽郁、橋本愛、染谷将太。

PARKS パークス」の初日舞台挨拶が本日4月22日に東京・テアトル新宿にて行われ、キャストの橋本愛永野芽郁染谷将太、音楽監修を務めたトクマルシューゴ、監督の瀬田なつきらが登壇した。

本作は、東京・井の頭恩賜公園の開園100周年を祝う公式事業として製作された青春音楽映画。劇中では、吉祥寺に住む大学生・純、亡き父のかつての恋人・佐知子を探す高校生ハル、佐知子の孫・トキオの3人が、佐知子らの遺したある楽曲を完成させるため奮闘していく。

客席からの「愛ちゃーん! 元気弾ける愛ちゃーん!」という元気な声援に迎えられた橋本は「はーい! 弾けるよー」と笑顔で応え、「すごくいい映画で本当に好きな作品になったので、全国に羽ばたいてくれるといいな」と挨拶。

小学校3年生のときに吉祥寺でスカウトされたという永野は「この前もその前の映画も吉祥寺で撮影したので縁がある街だなと感じながら撮影してました」と回想する。染谷は「撮影はかなり前のようでつい最近のようで、月日はあっという間に流れるなあと、そんな映画です。時の流れというものに魅力を感じていただけたのではないか」とコメント。トクマルは劇中の楽曲について「映画自体が音楽を作らせてくれた。映画の中の登場人物と作った曲です」と語った。

橋本は「こないだ地元に帰って公園に行ったらほんのり切ない気持ちになって。自分の過去も幻だったんじゃないかってくらい現実感がない感じになっても、公園は形を変えないままずっとそこにあって」と公園への思いを述べる。そして「ノスタルジックな部分に触れて切なくなって、でも最後は明るくカラッと前に進める気持ちになる清らかな映画です」と作品をアピールした。

最後に瀬田が「人々の公園の思い出が過去現在未来と繋がって『PARKS パークス』になってスパークしていけばいいかなと思います」とダジャレを交えながら話すと、ツボに入った様子のキャスト陣から笑いが起こる。続けて瀬田は「去年のこの時期に撮影したので初夏の時期にぴったりな映画になっていると思います。皆さんの公園の思い出にこの映画が加わればいいなと思います」とメッセージを伝えた。

(c)2017本田プロモーションBAUS

映画ナタリーをフォロー