映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「PARKS」「ひるなかの流星」永野芽郁が思い出の地で舞台挨拶、吉祥寺愛をアピール

2162

「PARKS パークス」「ひるなかの流星」ポスターの前に立つ永野芽郁。

「PARKS パークス」「ひるなかの流星」ポスターの前に立つ永野芽郁。

PARKS パークス」「ひるなかの流星」の舞台挨拶が本日4月30日に東京・吉祥寺オデオンにて行われ、キャストの永野芽郁、「PARKS パークス」の監督を務めた瀬田なつきが登壇した。

吉祥寺の商店街、サンロードでスカウトされた永野は「芽郁ちゃーん!」という大きな歓声に迎えられて「PARKS パークス」の舞台挨拶に登場。「小さいときに、この劇場で好きな男の子と友達数人と一緒に映画を観て盛り上がった記憶がある。そんな場所で舞台挨拶ができてうれしいです」と挨拶した。

吉祥寺のオススメスポットを司会に尋ねられた永野は「パンケーキ屋さんのFLIPPER'S(フリッパーズ)が、めっちゃ美味しくて好き」「私が最近よくかけてる十角形のメガネはThe PARKSIDE ROOMっていうメガネ屋さんで買ったもの」と回答。さらに「井の頭公園のブランコ、ボート、いせやも好き」と笑顔で吉祥寺愛をアピールする。そして東京・井の頭恩賜公園で行われた本作のロケについて「自分が誰よりも井の頭公園に詳しかったから、園内では私が皆さんをアテンドしてました」と話し、「共演者の橋本(愛)さん、染谷(将太)さんと私が自転車に乗って移動してると、園内の人たちに3度見されたんです」と明かした。

音楽映画でもある本作にちなみ、好きな音楽を問われた永野は「洋楽に最近ハマってるんです! 1番好きなのはスティーヴィー・ワンダーで『フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ』がお気に入り。ウルフルズはずっと大好きで、長渕剛さんも好き」とうれしそうに語る。「PARKS パークス」と同じく吉祥寺でロケが行われた「ひるなかの流星」を鑑賞した瀬田は永野について「『PARKS パークス』と全然違うキャラクターになって登場してたんですごいな。女優だ!と思いました」と感嘆していた。

続いて、「ひるなかの流星」の舞台挨拶に登場した永野。3月24日に封切られた同作が「111万人動員、12億7000万円の興行成績」という発表を受け、「12億だよ? おっきなお家買えるよ!?」とにこやかにおどけて見せ、会場を和やかな空気で包んだ。

映画ナタリーをフォロー