映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

竹内結子「早く家に帰りたかった」、東京国際映画祭の会見で出品作の舞台裏語る

98

第28回東京国際映画祭ラインナップ発表会の様子。左から小栗康平、中村義洋、竹内結子、ブライアリー・ロング、深田晃司。

第28回東京国際映画祭ラインナップ発表会の様子。左から小栗康平、中村義洋、竹内結子、ブライアリー・ロング、深田晃司。

本日9月29日、第28回東京国際映画祭のラインナップ発表会が東京・六本木アカデミーヒルズにて開催され、全作品のラインナップやイベント内容の紹介が行われた。

ディレクター・ジェネラルの椎名保、プログラミング・ディレクターの矢田部吉彦、総合司会者を務めるアナウンサーの羽鳥慎一、西尾由佳理らが出席した同会見。昨年新設されたSAMURAI賞を山田洋次、ジョン・ウーに授与することが発表され、それを記念したジョン・ウーのスペシャルトークショーが行われることが明らかに。さらに、イーサン・ホークがチェット・ベイカーを演じる「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」などコンペティション部門出品作が追加で発表された。

また会見には、コンペティション部門に出品される邦画3本のキャスト、スタッフがゲストとして招かれた。「FOUJITA」の監督・小栗康平、「残穢【ざんえ】ー住んではいけない部屋ー」の主演・竹内結子と監督の中村義洋、「さようなら」主演のブライアリー・ロング、監督の深田晃司が登壇。同映画祭への参加は初めてという小栗は、主演を務めるオダギリジョーに対して「オダギリさんは猫のような独特の身体感覚を持っていて、それが本作の主人公である画家・藤田嗣治と重なり合いました」と賞賛を贈る。また作中でアンドロイドと共演しているブライアリーが「原作の、同じくアンドロイドが登場する舞台作品にも出演しているので、ロボットと共演する機会が多かった」と述べると、司会の羽鳥が「ロボットとの共演に慣れている女優さんを初めて見ました」と冗談交じりに返答し、会場の笑いを誘う一幕も。

原作である小野不由美のホラー小説に対して聞かれた中村は「以前にもホラー作品を手がけていたので、恐怖表現には慣れていたんですが、この原作はそれでも怖かった」とコメント。その言葉を首を縦に振りながら聞いていた竹内に対して中村から「竹内さんは怖がって、全然脚本を読んでくれなかったんです」と暴露が。竹内は「撮影が始まる直前に、事務所の明るくて人の多い場所で初めて全部読めました」と語り、「撮影も不穏な雰囲気の場所が多かったので、一刻も早く家に帰りたいと思っていました」と振り返った。

第28回東京国際映画祭は10月22日から31日まで、東京・六本木ヒルズほか周辺会場にて開催。チケットは、10月10日12時よりオフィシャルサイトにて販売を開始する。

第28回東京国際映画祭 コンペティション部門上映作品

「スリー・オブ・アス」
「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」
「カランダールの雪」
「家族の映画」
「FOUJITA」
「フル・コンタクト」
「ガールズ・ハウス」
「神様の思し召し」
「残穢【ざんえ】ー住んではいけない部屋ー」
「地雷と少年兵」
「モンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズ」
「ぼくの桃色の夢」
「ニーゼ」
「ルクリ」
「さようなら」
「スナップ」

映画ナタリーをフォロー