映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

中村義洋、白石晃士らが小野不由美の「鬼談百景」を映像化、一夜限りの劇場公開も

662

「鬼談百景」より「追い越し」。(c)2016「鬼談百景」製作委員会

「鬼談百景」より「追い越し」。(c)2016「鬼談百景」製作委員会

小野不由美が手がけた怪談集、「鬼談百景」の映像化が決定した。

「鬼談百景」は、99話で構成された怪談集。「予告犯」の中村義洋が映画化した小野の小説「残穢」が100話目と言われており、この2つの作品はリンクしている。

映像化に際し、「鬼談百景」では原作から「追い越し」「密閉」「影男(かげおとこ)」「尾(つ)けてくる」「どこの子」「空きチャンネル」「一緒に見ていた」「赤い女」「どろぼう」「続きをしよう」をセレクト。中村をはじめ、「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズの白石晃士、「バイロケーション」の安里麻里、オリジナルビデオ「心霊玉手匣」シリーズの岩澤宏樹、「へんげ」の大畑創、「先生を流産させる会」の内藤瑛亮がメガホンを取った。

「鬼談百景」は、12月より映像配信開始予定。2016年1月23日には、東京・テアトル新宿にて一夜限りの劇場公開が行われる。当日は「鬼談百景」のほか、監督6人それぞれの旧作や未発表作が1作品ずつ上映される予定だ。また、監督たちの登壇やプレゼント抽選会も予定されている。

「残穢【ざんえ】ー住んではいけない部屋ー」公開記念! 六人の鬼が集う一夜限りの「鬼談百景」オールナイト!

2016年1月23日(土) 東京都 テアトル新宿
開場 23:30 / 開演 23:45 / 終演 翌5:30(予定)
料金:3000円
※チケット購入時に劇場窓口にて「残穢【ざんえ】ー住んではいけない部屋ー」特別鑑賞券を提示すると300円割引。
※2016年1月16日(土)より、テアトル新宿の窓口とオンラインサイトでチケット販売開始。
<登壇者(予定)>
中村義洋 / 白石晃士 / 安里麻里 / 岩澤宏樹 / 大畑創 / 内藤瑛亮
<上映作品>
「鬼談百景」ほか

映画ナタリーをフォロー