映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

さようなら

さようなら

サヨウナラ

解説

劇作家・平田オリザとロボット研究の第一人者・石黒浩が進める“ロボット演劇プロジェクト“で上演された作品を『歓待』の深田晃司監督が映画化。放射能に汚染された日本を舞台に、死を目前にした人間の少女と彼女に寄り添うアンドロイドの姿を通して、“生と死“とは何かを問う。主演はブライアリー・ロング。新井浩文、村上虹郎らが共演する。

ストーリー

原子力発電施設の爆発により国土の大半が放射能汚染に晒された近未来の日本。政府は“棄国“を宣言し、国民は国外へと避難していく。そんな中、避難優先順位下位のため、難民のターニャと病弱な彼女をサポートするアンドロイド、レオナは取り残されてしまう。

2015年11月21日(土)公開[R-15] / 上映時間:112分 / 製作:2015年(日本) / 配給:ファントム・フィルム

(C) 2015 「さようなら」製作委員会

(C) PIA

さようならのニュース

映画ナタリーをフォロー