残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-

残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-

ザンエスンデハイケナイヘヤ

2016年1月30日(土)公開 / 上映時間:107分 / 製作:2016年(日本) / 配給:松竹

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

解説 山本周五郎賞を受賞した小野不由美のホラー小説を、竹内結子と橋本愛をキャストに迎えて映画化。小説家と彼女に調査を依頼した大学生が、ある部屋に残された“穢れ“を介して、場所と時代が異なる複数の事件が連鎖していく“謎“に迫る。『予告犯』の中村義洋がメガホンを執り、実話とフィクションが混ざりあったドラマを臨場感たっぷりに描く。

ストーリー ミステリー小説家の“私“のもとに、久保という女子大生の読者から“部屋で奇妙な音がする“という内容の手紙が届く。好奇心に誘われ調査を開始すると、過去に住んでいた人たちが、自殺や心中、殺人など、数々の事件を起こしていたことが浮かび上がってくる。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全21件)