ピンサロ嬢役の武田梨奈がハイキック、「TOKYO CITY GIRL」予告映像が公開

91

武田梨奈らが参加するオムニバス「TOKYO CITY GIRL」の予告編がYouTubeにて公開された。

「TOKYO CITY GIRL」より、「KOENJI 夢の寿命」。(c)2015 TOKYO CITY GIRL

「TOKYO CITY GIRL」より、「KOENJI 夢の寿命」。(c)2015 TOKYO CITY GIRL

大きなサイズで見る(全4件)

「TOKYO CITY GIRL」より、「17歳、夏」。(c)2015 TOKYO CITY GIRL

「TOKYO CITY GIRL」より、「17歳、夏」。(c)2015 TOKYO CITY GIRL[拡大]

本作は6人の新鋭監督と6人の若手女優がタッグを組み、東京の雑踏の中で懸命に生きる少女たちを描く短編集。家族の悩みを抱えた少女、ニートの男を飼う女殺し屋、恋人との初体験を迎える少女らの物語をシニカルな視点でつづっていく。

「TOKYO CITY GIRL」キャスト画像。上段左から塚地武雅、武田梨奈、下段左から青山美郷、田中美晴、三浦萌、比嘉梨乃、遠谷比芽子。

「TOKYO CITY GIRL」キャスト画像。上段左から塚地武雅、武田梨奈、下段左から青山美郷、田中美晴、三浦萌、比嘉梨乃、遠谷比芽子。[拡大]

このたび公開された予告編では、武田をはじめ「ぼんとリンちゃん」の比嘉梨乃や、田中美晴青山美郷遠谷比芽子三浦萌の体当たり演技が次々と映し出される。武田は山田能龍が監督を務める「KOENJI 夢の寿命」にて、女優を目指し上京したものの現在はピンサロ嬢として働く主人公を演じており、映像の中では得意のハイキックを披露する場面も。

さらに本作ではドランクドラゴンの塚地武雅が“愚痴聞き屋”として全6編に出演。同じく芸人の小島よしおも、「なんの意味もない」に本人役で登場している。

「TOKYO CITY GIRL」は9月5日より東京・角川シネマ新宿ほかにて全国ロードショー。

TOKYO CITY GIRL

EPISODE1:「なんの意味もない」(出演:青山美郷 / 監督:原廣利)
EPISODE2:「キッスで殺して」(出演:遠谷比芽子 / 監督:山口健人)
EPISODE3:「HOPE」(出演:比嘉梨乃 / 監督:山田智和)
EPISODE4:「17歳、夏」(出演:田中美晴 / 監督:藤井道人)
EPISODE5:「EAST END」(出演:三浦萌 / 監督:志真健太郎)
EPISODE6:「KOENJI 夢の寿命」(出演:武田梨奈 / 監督:山田能龍)

この記事の画像・動画(全4件)

関連記事

武田梨奈のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 TOKYO CITY GIRL / 武田梨奈 / 山田能龍 / 青山美郷 / 田中美晴 / 三浦萌 / 塚地武雅 / 小島よしお / 比嘉梨乃 / 遠谷比芽子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。