映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

武田梨奈&小林豊らがクランクインを前に意気込み語る、「海すずめ」製作発表

57

「海すずめ」製作記者発表会の様子。

「海すずめ」製作記者発表会の様子。

「瀬戸内海賊物語」の大森研一が監督を務める「海すずめ」の製作記者発表会が9月16日に東京・都道府県会館にて行われ、大森、キャストの武田梨奈小林豊吉行和子らが登壇した。

「海すずめ」は愛媛・宇和島を舞台にしたオリジナル作品。図書館に勤務する女性が、街を自転車で走りながら住民に本を届ける仕事を通して成長するさまを描く。

愛媛出身の大森は「愛媛県の皆さんや関係者の皆さんのご協力を得て、いよいよクランクインとなります」と挨拶。主人公・村上雀役の武田は「今日初めてキャストの皆さんと会いました。台本を読んだときに、愛のあふれた作品になると確信しました。宇和島は初めてですが、楽しみにしています」と撮影開始を前に心境を語った。

雀の同僚・岡崎賢一を演じる小林は「撮影を終えて帰る頃には、宇和島っ子になれるようがんばりたいと思います。みかんを食べまくって、お肌プルプルで帰れれば」と朗らかに述べる。また製菓衛生師免許を持つ小林は「宇和島でオリジナルのレシピを考えたい」と意気込んだ。物語のカギを握る老人トメを演じる吉行は「本当にいいお話で、記念すべき年に素敵な作品に出られてうれしい。楽しんで役に臨みたいと思います」とほほえむ。それを受けて、吉行と初共演となる武田が「吸収したいことだらけで、すごく緊張しています。今も手汗が……」と緊張をあらわにする一幕も。

会見の終盤には、愛媛県のイメージキャラクター「みきゃん」がサポーターとして登場。さらに武田による板割りも披露された。

「海すずめ」は2016年初夏に全国でロードショー。

映画ナタリーをフォロー