音楽ナタリー

アニメ「AKB0048」公開オーディションで声優選抜9名決定

441

本日12月13日、東京・新宿バルト9にてテレビアニメ「AKB0048」声優公開オーディションが開催。AKB48、SKE48、NMB48、HKT48のメンバー200名から選考された一次オーディション合格者30名が参加した。

この公開オーディションには審査員として秋元康(企画、監修)、河森正治(原作、総監督)、大月俊倫(エグゼクティブプロデューサー)、明田川仁(音響監督)が出席。さらに、抽選によって選ばれたファン約100名も参加し、一次オーディション合格者30名が公開オーディションを受ける姿を見守った。

オーディションのMCは近藤サトが担当。メンバーのオーディション順は抽選によって決定し、最初の実技審査では6名ずつグループ分けされたメンバーが用意されたセリフを順々に読み上げ、ときにアドリブを入れるなどして2分間の持ち時間内に自己アピールをしていった。

AKB48チーム4の市川美織は「自分の声が好きではなかったが、いろんな人から『癒される、元気になる』と言っていただけたので、これからは自分の魅力として声と一緒に成長していきたい」と話した後、お辞儀をした際にマイクに頭をぶつけるハプニングも。すでにアニメ声優としての経験を持つAKB48チームAの仲谷明香は、「すごく緊張している」と前置きしながらも「5歳の頃からの夢が声優でした。世界的にも有名な声優になりたいので、このアニメを足がかりにさせてください」と力強く宣言した。

また、SKE48二次元研究会会長の秦佐和子は、普段の細く小さな声のイメージを覆す力強いセリフ読みで自身の魅力をアピール。続けて「私の夢は声優になること。太くでも細くでもこの仕事に携わりたい」と、声優に対する執着心を口にした。今回の一次オーディション合格者の中で最年少の、HKT48村重杏奈はセリフをロシア語で読み上げ審査員やファンを驚かせた。ファンの間でオタクキャラとして知られるNMB48研究生の木下百花は、ほかのメンバーが私服でオーディションに出席する中、1人だけ汚れた体操服姿で登場。「私は自分の声に自信がなくて受かったことが何がなんだかわからずに、今日は朝から公園でスライディングしてきました。場違いな格好ですみません」と言って、会場の笑いを誘った。

30名の実技審査を経て、いよいよ審査結果を発表。審査員を代表して河森が「今回の企画が始まってから声優9名をAKBメンバーの中から選ぶとき、『本当に9名もいるんだろうか』とスタッフの中でも騒然とした。が、結果は9名に絞るのが大変だった」と、率直な審査の感想を語った。そして、AKB48の佐藤亜美菜、岩田華怜、仲谷明香、佐藤すみれ、石田晴香、渡辺麻友、SKE48の矢神久美、秦佐和子、NMB48の三田麻央の計9名が声優選抜に決定。AKB48研究生から唯一選ばれた岩田は、「審査していただいているときから震えが止まらない。今まで応援してくださったファンの皆さんや、これまで支えてくれたお母さんにも良い報告ができます」と今にも泣き出しそうな表情で合格の喜びを口にした。

NMB48に加入して半年あまりの三田は、「ほんまに呼ばれるとは思ってなかったのでびっくりした。NMB48に入ってまだ半年で経験も何もないですが、全身全霊を込めてがんばります」と力強く宣言。一番最後に名前が呼ばれた渡辺は、「最後まで名前が呼ばれなくて『もう受からないんだな』と思っていたので、すごく安心しました」と安堵の表情を見せた。

最後に総評として秋元康が、「スタッフの皆さんが一番気にしていたのは、キャラクターがかぶること、声がかぶるということ。同じような声質で競ったメンバーもいる。選に漏れた21名は、一次オーディション合格の30名に入ったことはすごいことなので、全然落ち込むことではないと思います」とコメント。続けて、「ほかの21名もあまりにも素晴らしかったので、チャンスがあればアニメに使っていきたい」とうれしいサプライズを発表した。さらに「どんな役がもらえるかまだわからないが、審査員特別枠を急遽作った」と言って、AKB48の竹内美宥、SKE48の古川愛李、NMB48の木下百花、HKT48の村重杏奈の名前を読み上げた。審査員特別枠の4名も、今後何らかの形で「AKB0048」に声優として出演することになる。

公開オーディション終了後に行われた記者会見には、声優選抜に選ばれた9名が出席。選抜に選ばれた感想を訊ねられると、佐藤亜美菜は「たくさんの人数の中から選んでいただいて、すごく狭き門だったと聞き、より喜びを感じました。これから『AKB0048』の一員として、その名に恥じないようがんばります」と答えた。

また、オーディション前に自分の受かる確率はどれくらいだと思っていたかと訊かれると、渡辺は「正直言うと、オーディションが始まるまでは70%くらいの確率で受かると思ってた。でも、オーディション中はみんなセリフを読むのが上手で、すごく焦った」と本音を告白。仲谷は「ずっと秋元先生に『声優の仕事をやらせてください』と言い続けてきたので、それを込めての50%。でも、実際にはセリフがうまく言えなくて落ちたと思ってた」と語った。

そして、セリフを読む際に気をつけたことを質問されると、秦は「自分の声はいわゆるアニメ声ではないので、アニメのキャラクターを気にせず、自分の思ったとおりにやった」と回答。最後に渡辺が「今のアニメ業界は萌え系だけが求められているわけではないので、なるべく自然体な、自分の声で挑みました」と力強く話し、会見は終了した。

なお、テレビアニメ「AKB0048」は2012年春からの放送を予定している。

音楽ナタリーをフォロー