音楽ナタリー

ゲスの極み乙女。休日課長が新ユニットDADARAY結成、楽曲は川谷絵音が制作

7613

DADARAY

DADARAY

ゲスの極み乙女。のベーシスト休日課長の新プロジェクトDADARAY(ダダレイ)が始動。4月5日に1stミニアルバム「DADAISM」(ダダイズム)をリリースする。

DADARAYは休日課長、ボーカリストのREIS、indigo la Endとゲスの極み乙女。のレコーディングやライブにサポートコーラスメンバーとして参加し、katyusha名義でも活動しているえつこからなる3人組ユニット。「大人な雰囲気を感じさせる上質なポップスを軸とする音楽を表現したい」という思いを抱いた休日課長がREISとえつこに声をかけ、幾度かのスタジオセッションを経てユニット結成へと至った。なお楽曲制作は休日課長と旧知の仲の川谷絵音(indigo la End、ゲスの極み乙女。)が担当する。バンド名のDADARAYとは既成の秩序や常識に対する否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とするDADAISMのDADAと光を意味するRAYを組み合わせた造語で、「既成の秩序や常識を破壊する光」という意味が込められている。

「DADAISM」は5曲入りの作品。リリース発表と同時に収録曲の中から「イキツクシ」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。MVのディレクションは加藤マニ、衣装制作は森川マサノリがデザイナーを務めるブランドCHRISTIAN DADAが担当している。

DADARAYは2月23日に東京・下北沢ERAにて初ライブ「DADAIST vol.1」を開催。チケットは2月4日10:00にイープラスにて発売される。

DADARAY「DADAISM」収録曲

01. イキツクシ
02. block off
03. ダダイズム
04. 美しい仕打ち
05. 灯火

DADARAY presents「DADAIST vol.1」

2017年2月23日(木)東京都 下北沢ERA
<出演者>
DADARAY / susquatch / DJ 有るジェルゴッドリッジ

加藤マニ コメント

“虚無の光”と訳せそうなバンド名と協奏するように本作でも歌われる「光を見せて虚無を見せて」というワードがこのビデオのテーマです。
現実と離れてしまった過去の甘美な思い出は正しく「虚無の光」でもあり、そこに光を感じることもまた虚無と言えるでしょう。
しかしながらバンド名に冠された“DADA”は、虚しさを根底にした、常識への否定や破壊という意味も含まれる以上、自らの、そして皆さんの虚無を焼き尽くす光線と考えることもできます。
この曲とビデオがその新しい狼煙になることを願っています。

音楽ナタリーをフォロー