音楽ナタリー

Poet-type.M、夜しかない街を巡る独演会

76

Poet-type.M「A Place, Dark & Dark Public Performance『God Bless, Dark & Dark』」の様子。(撮影:阿部卓功)

Poet-type.M「A Place, Dark & Dark Public Performance『God Bless, Dark & Dark』」の様子。(撮影:阿部卓功)

4月17日に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREでPoet-type.Mの“独演会”「God Bless, Dark & Dark」が開催された。

約1年をかけ春夏秋冬の4部作で展開される作品集「A Place, Dark & Dark」を発表してきたPoet-type.M。今回の公演はこの4部作を締めくくるために用意されたもので、作品集の舞台「夜しかない街」に観客を誘うというコンセプトのもと実施された。

会場を列車に例え、乗車案内のアナウンスが行われたあとはバンドメンバーが1人ずつ入場。最後にカンテラを手に持った門田匡陽(Vo, G)がステージに上がり、穏やかな曲調の「もう、夢の無い夢の終わり(From Here to Eternity)」でライブはスタートした。「接続されたままで(I can not Dance)」では門田が「接続されたままで」という歌声のリフレインで会場を包み込んでいく。さらに彼らは「窮屈、退屈、卑屈(A-halo)」をはじめアップテンポの楽曲を続けて演奏。「その自慰が終わったなら(Modern Ghost)」では楢原英介(G, Cho)が体を大きく振り、ギターソロを披露した。

ライブ中MCは行われず、代わりに門田によるナレーションが何度か挟まれた。「神の犬(Do Justice To?)」では水野雅昭(Dr, Cho)の力強いドラミングと宇野剛史(B, Cho)のグルーヴ感あふれるベースサウンドが響く中、ステージが電飾によってきらびやかに彩られた。そしてバンドが「ダイヤモンドは傷つかない(In Memory Of Louis)」を披露したのち、休憩時間が設けられた。

後半では弦楽四重奏も迎え「だが、ワインは赫(Deep Red Wine)」「性器を無くしたアンドロイド(Dystopia)」などを演奏。荘厳なブラスサウンドで会場には緊張が走った。そして本編最後のナンバー「楽園の追放者(Somebody To Love)」の終盤では門田が歌う中メンバー1人ひとりが退場していき、最後に門田も「ありがとう」と礼を言いステージをあとにした。

アンコールではステージがブルーライトに包まれた「氷の皿(Ave Maria)」、ふたたび弦楽四重奏も参加した「永遠の終わりまで、『YES』を(A Place, Dark & Dark)」でフィニッシュ。すべての楽曲の演奏を終えて門田1人がステージに残ると、この日唯一のMCが行われた。彼は「本日で『A Place, Dark & Dark』は一旦終了となります」と説明。続けて「4部作っていう、こんなわがままな形のリリースでも応援してくれる皆さんにとても感謝しています。レーベルの人も、普通は断るよね」と感謝を述べた。さらに門田は「『Dark & Dark』という場所はずっとずっと、みんなが作品を聴いてくれれば存在できます。この幕はインターミッションだと思ってください。また僕がやりたくなったら、この場所に遊びに行きます。それまで皆さん、ごきげんよう」と再会を約束し、約1年にわたって展開した物語の幕を下ろした。

Poet-type.M「A Place, Dark & Dark Public Performance『God Bless, Dark & Dark』」 2016年4月17日 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE セットリスト

01. もう、夢の無い夢の終わり(From Here to Eternity)
02. 接続されたままで(I can not Dance)
03. 窮屈、退屈、卑屈(A-halo)
04. 救えない。心から。(V.I.C.T.O.R.Y)
05. その自慰が終わったなら(Modern Ghost)
06. 神の犬(Do Justice To?)
07. 双子座のミステリー、孤児のシンパシー(GPS)
08. あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)
09. 唱えよ、春 静か(XIII)
10. ダイヤモンドは傷つかない(In Memory Of Louis)
11. だが、ワインは赫(Deep Red Wine)
12. 性器を無くしたアンドロイド(Dystopia)
13. バネのいかれたベッドの上で(I Don't Wanna Grow Up)
14. 瞳は野性、星はペット(Nursery Rhymes ep2)
15. 観た事のないものを、好きなだけ(THE LAND OF DO-AS-YOU-PLEASE)
16. 「ただいま」と「おやすみ」の間に(Nursery Rhymes ep1)
17. 楽園の追放者(Somebody To Love)
<アンコール>
18. 氷の皿(Ave Maria)
19. 永遠の終わりまで、「YES」を(A Place, Dark & Dark)

音楽ナタリーをフォロー