音楽ナタリー

日光猿軍団で役作り!? ゴールデンボンバー喜矢武豊「GOKU」開幕

1168

左から大沢逸美、喜矢武豊、西岡徳馬。

左から大沢逸美、喜矢武豊、西岡徳馬。

ゴールデンボンバーの喜矢武豊が主演を務める舞台「GOKU」の公開リハーサルが、本日2月16日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて行われた。

本日から上演される「GOKU」は、手塚治虫「ぼくの孫悟空」を原作とした舞台。主人公・孫悟空を演じる喜矢武を筆頭に、玄奘三蔵役の月船さらら、猪八戒役のみのすけ、沙悟浄役の土屋佑壱、紅孩児役の佐々木喜英、羅刹女役の大沢逸美、牛魔王役の西岡徳馬がリハーサル前の囲み取材に応じた。

取材は和気あいあいとした雰囲気で進行。喜矢武は「今年が申年であることにちなんでゲン担ぎに観に来てほしいです。猿になるために、1カ月くらい日光猿軍団の入団しまして……って、んなワケない!」とユーモアを交えながら主演作をアピールする。また敵役を演じる西岡について「西岡さんから学んだことは下ネタ(笑)。あと、出ていらっしゃらないところでもけっこう細かいアドバイスをくださるんですよ。すごい助かりますね」と感謝の思いを伝えたり、佐々木について「本当に悪役になりきってるんですけど、突然お茶目なキャラクターが出てくるからね」と語ったり、共演者とのエピソードを披露。そして「最初は孫悟空ってなんだろうって考えたんですけど、このキャラはゴールデンボンバーの喜矢武豊でいいんじゃないかって。普段のライブみたいに楽しんでますね」とコメントした。

なお喜矢武の演技は共演者に好評のようで、みのすけは「ライブに慣れてるから、その場の空気の作り方とか、返し方が素敵ですね」と絶賛。月船は「喜矢武さんだからこその悟空になっていると思います。今までとは違う西遊記が観られると思います」と述べた。

舞台「GOKU」は、本日より2月28日まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演される。千秋楽公演は全国の映画館にてライブビューイングも行われる。

※「GOKU」は「U」の上にサーカムフレックス付きが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】