音楽ナタリー

映画「魔女の宅急便」主題歌は倉木麻衣、劇中シーンも解禁

424

倉木麻衣が、3月1日に全国公開される映画「魔女の宅急便」の主題歌として新曲「Wake me up」を書き下ろしたことが明らかになった。

「魔女の宅急便」は倉木本人が思い入れのある作品とあって、映画をイメージして詞と曲を書き下ろすことに。倉木が映画主題歌として楽曲を書き下ろしたのは、「名探偵コナン 漆黒の追跡者」の主題歌「PUZZLE」以来約5年ぶりとなる。

「Wake me up」は、本人曰く「主人公のキキちゃんがほうきに乗って空を颯爽と飛んで行く、そんな広がる空をイメージ」した疾走感あふれるサウンドが特徴。歌詞には、人の背中をそっと押すような優しさと希望に満ちたメッセージが込められている。本日12月10日から視聴開始となった予告編映像では、主題歌の一部が聴けるほか、キキの飛行シーン、豪華キャストによる劇中シーンなどが初公開されている。

なお映画「魔女の宅急便」で主役のキキを演じるのは、オーディションで抜擢された新人女優・小芝風花。監督に「呪怨」で知られる清水崇、脚本に「おおかみこどもの雨と雪」で知られる奥寺佐渡子を配し、おソノ役に尾野真千子、とんぼ役に広田亮平、キキの母コキリ役に宮沢りえ、父オキノ役に筒井道隆が出演する。

倉木麻衣 コメント

この曲は、「どんな事があっても諦めずに、自分らしく頑張っていこうよ」という想いを込めて歌詞をかきました。 サウンド的にも、主人公のキキちゃんがほうきに乗って空を颯爽と飛んで行く、そんな広がる空をイメージして歌わせていただきました。 今から映画の公開をとっても楽しみにしています。

清水崇監督 コメント

今回、倉木麻衣さん自身が書き下ろした、彼女一推しの歌を聞いて…いきなりピンときました。映画「魔女の宅急便」のイメージには勿論、倉木さんの輝かしい15周年にも相応しい、元気で透明感のある“新たな出発”の歌を見事に届けてくれたからです。今作は、誰もが知っている作品だからこそのプレッシャーがありますが、共に果敢に挑戦してくれた気がして、監督として、勇気づけられました。これまで、ホラー映画監督のイメージが強い僕も、この映画で、彼女の歌声と共に新たな“Wake me up!”に挑む心意気です!! 倉木麻衣さん、ありがとうございます!! 皆さん…是非、 新たな「魔女の宅急便」篤と御覧ください!

■映画「魔女の宅急便」予告映像(主題歌:倉木麻衣「Wake me up」)

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】