トニー賞10部門受賞「バンズ・ヴィジット」上演決定、出演に風間杜夫・濱田めぐみ

6

58

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 19 37
  • 2 シェア

ミュージカル「バンズ・ヴィジット」が、来年2月に東京・日生劇場で上演される。

ミュージカル「バンズ・ヴィジット」ビジュアル

ミュージカル「バンズ・ヴィジット」ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

「バンズ・ヴィジット」は、2007年に公開された映画「迷子の警察音楽隊」を原作にしたミュージカル。ミュージカル「ペテン師と詐欺師」の作曲家デヴィッド・ヤズベックが音楽・作詞を手がけた本作は、第72回トニー賞でミュージカル作品賞を含む10部門を受賞した。

左から風間杜夫、濱田めぐみ。

左から風間杜夫、濱田めぐみ。[拡大]

物語は、イスラエルに演奏旅行に来たエジプトのアレクサンドリア警察音楽隊が道に迷い、地元のイスラエル人と一晩交流をするというもの。森新太郎が演出する日本版では、警察音楽隊の楽隊長・トゥフィーク役を風間杜夫、楽隊が訪れる街で食堂を営む女主人・ディナ役を濱田めぐみが演じる。

上演に際し、風間は「素晴らしい作品に出合えたことに、胸が高鳴る。この『バンズ・ヴィジット』が内包している大切なもの、国境を越えて通じ合う心が、戦争や感染で緊張を強いられる現在に、何かを伝えてくれるに違いない」とコメント。濱田は「シンプルな物語の中に生まれる、異文化の中で生きてきた人達の心の交流が、今の日本でどのようにお客様に伝わっていくのかがとても興味深いですし、しっかり作品の世界観を作り上げられるよう大切に演じていきたいと思っています」と意気込みを語った。

風間杜夫コメント

素晴らしい作品に出合えたことに、胸が高鳴る。この「バンズ・ヴィジット」が内包している大切なもの、国境を越えて通じ合う心が、戦争や感染で緊張を強いられる現在に、何かを伝えてくれるに違いない。この感動を観客に届ける役目を、せいいっぱい果たしたい。その願いが目指すゴールは、今はまだ遠い。しかし、迷子の警察音楽隊よろしく、この作品に関わる全ての仲間を信じて共に歩を進めていきたいと強く思う。

濱田めぐみコメント

この度ディナ役を演じさせていただきます。

演出家の森新太郎さん、そしてトゥフィーク役の風間杜夫さんとは今回初めてご一緒させていただくので、今からどのような化学反応が生まれるのかとても楽しみにしています。

シンプルな物語の中に生まれる、異文化の中で生きてきた人達の心の交流が、今の日本でどのようにお客様に伝わっていくのかがとても興味深いですし、しっかり作品の世界観を作り上げられるよう大切に演じていきたいと思っています。

この記事の画像(全2件)

ミュージカル「バンズ・ヴィジット」

2023年2月
東京都 日生劇場

原作:エラン・コリリンによる映画脚本
音楽・作詞:デヴィッド・ヤズベック
台本:イタマール・モーゼス
演出:森新太郎
出演:風間杜夫濱田めぐみ ほか

全文を表示

読者の反応

  • 6

ち ゃ み @cha_chami

風間さん、来年はミュージカルですか。

「リトル・ナイト・ミュージック」以来かな? https://t.co/213wcgiuZn

コメントを読む(6件)

関連記事

風間杜夫のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 風間杜夫 / 濱田めぐみ / 森新太郎 / エラン・コリリン / 迷子の警察音楽隊 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします