尾上菊五郎監修・出演の「通し狂言 南総里見八犬伝」国立劇場で、獅子舞の披露も

2

117

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 35 81
  • 1 シェア

令和4年初春歌舞伎公演「通し狂言 南総里見八犬伝」が、1月3日から27日まで東京・国立劇場 大劇場で上演される。

令和4年初春歌舞伎公演「通し狂言 南総里見八犬伝」チラシ表

令和4年初春歌舞伎公演「通し狂言 南総里見八犬伝」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

これは、曲亭馬琴の小説「南総里見八犬伝」を渥美清太郎が脚色し、舞台化したもの。劇中では、室町後期の関東を舞台に、不思議な因縁で結ばれた八犬士の活躍が描かれる。今回の公演では、尾上菊五郎が全体の監修を手がけ、犬山道節役を勤める。このほか出演者には、扇谷定正役に市川左團次、犬坂毛野役に中村時蔵、網乾左母二郎 / 犬飼現八役に尾上松緑、犬塚信乃役に尾上菊之助が名を連ねた。

なお、劇場でプログラムを購入し、当たり券が入っていた場合、“国立格子”がデザインされた特製手ぬぐいがプレゼントされる。また3日から7日までは、開演前に舞台上で獅子舞が披露される予定だ。

この記事の画像(全2件)

令和4年初春歌舞伎公演「通し狂言 南総里見八犬伝」

2022年1月3日(月)~27日(木)
東京都 国立劇場 大劇場

作:曲亭馬琴
脚色:渥美清太郎
監修:尾上菊五郎
補綴:国立劇場文芸研究会

出演

犬山道節:尾上菊五郎
犬坂毛野:中村時蔵
網乾左母二郎 / 犬飼現八:尾上松緑
犬塚信乃:尾上菊之助
犬田小文吾:坂東彦三郎
犬川荘助:坂東亀蔵
蟇六娘浜路:中村梅枝
犬村大角:中村萬太郎
横堀在村:市村竹松
甘利掻太:市村光
犬江親兵衛:尾上左近
軍木五倍二:市村橘太郎
大塚蟇六:片岡亀蔵
馬加大記:河原崎権十郎
蟇六女房亀笹:市村萬次郎
簸上宮六:市川團蔵
足利成氏:坂東楽善
扇谷定正:市川左團次
ほか

全文を表示

読者の反応

  • 2

ryugo hayano 💉💉💉💉💉😷 @hayano

尾上菊五郎監修・出演の「通し狂言 南総里見八犬伝」国立劇場で、獅子舞の披露も https://t.co/4ILF1Nnk94

コメントを読む(2件)

関連記事

尾上菊五郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 尾上菊五郎 / 中村時蔵 / 尾上松緑 / 尾上菊之助 / 坂東彦三郎 / 坂東亀蔵 / 中村梅枝 / 中村萬太郎 / 市村橘太郎 / 片岡亀蔵 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします