田村心らが真のヒーローを目指して奮起!ヒロステ「本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」開幕

621

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」が、本日12月3日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕。これに先駆けて同日、公開ゲネプロが行われた。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。

大きなサイズで見る(全12件)

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。[拡大]

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」は昨年3月に上演された「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄」をパワーアップさせた完全版。劇中では、ヒーロー輩出の名門・雄英高校 ヒーロー科の面々を軸とした物語が展開する。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。[拡大]

舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持って生まれる世界。多くの若者が、人々と社会を守る職業・ヒーローになることを夢見る中、“無個性”で生まれた緑谷出久もまたヒーローに憧れて雄英高校に入学し、プロを目指していた。体育祭の最中、出久のクラスメイト・飯田天哉の兄が保須市で敵(ヴィラン)に襲われる事件が発生。生徒たちがそれぞれプロヒーローの元へ職場体験に向かう一方、兄の復讐に燃える飯田は保須のヒーロー事務所を希望する。彼らの前に“ヒーロー殺し”の異名を持つヴィラン・ステインが立ちはだかり……。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。[拡大]

本作では、雄英高校の日常やヴィランとのバトルシーンが歌とダンスを交えてスピーディに展開。田村心は、“平和の象徴”であるNo.1ヒーロー・オールマイトから“ワン・フォー・オール”という“個性”を継承するも、力をうまく使いこなせないでいる出久の葛藤と成長を繊細な表情の変化で表現する。武子直輝は、格上相手のステインに対して復讐を果たそうとする飯田の暴走を体現。戦闘シーンでは、全身全霊のアクションで魅せた。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。[拡大]

飯田と出久に助太刀する轟焦凍役を務めるのは北村諒。北村は父であるNo.2ヒーロー・エンデヴァーを憎みながらも、背中を追いかける轟を熱演した。さらに小林亮太は、かつて見下していたはずの幼なじみ・出久が急成長していく姿に焦り、怒りをあらわにする爆豪勝己を食らいつくようなセリフ回しで立ち上げた。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。[拡大]

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。[拡大]

今作では、ヒーロー陣営だけでなく、ヴィランたちの心情も丁寧に描かれる。オールマイトを除くヒーローたちを、私利私欲に走る“偽物”であるとし、「真のヒーロー以外は粛清する」という思想を持ったステインを川隅美慎が好演。緊張感のある戦闘シーンはもちろん、彼が“本物のヒーローとは?”という命題を突き付けながら歌い上げる場面にも注目だ。また後半には、雷太演じる死柄木弔らのヴィラン連合に、ステインのカリスマ性に引き寄せられた大隅勇太扮する荼毘、伊波杏樹扮するトガヒミコ、川崎優作扮するトゥワイスが加わり、伝染していく“悪”の恐怖を予感させた。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。[拡大]

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。[拡大]

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」公開ゲネプロより。[拡大]

本編終盤では、生徒たちが2人1組になり、現役のプロヒーローである雄英高校の教師陣を相手にした期末試験のエピソードが描かれる。彼らが乗り越えるべき壁であるプロヒーローたちにどのように勝負を仕掛けるのかも見どころだ。なお本編終了後には、キャストが集合しての“サービスナンバー”も披露される。

上演時間は20分の途中休憩を含む2時間45分を予定。東京公演は12日まで行われ、その後、24日から26日にかけて京都・京都劇場でも上演される。初日公演と千秋楽公演はHuluストアにて配信される。またBlu-ray / DVDが4月20日に発売される予定だ。

この記事の画像(全12件)

「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」

2021年12月3日(金)~12日(日)
東京都 TOKYO DOME CITY HALL

2021年12月24日(金)~26日(日)
京都府 京都劇場

原作:堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本:西森英行
演出:元吉庸泰
音楽:和田俊輔
振付:塩野拓矢

キャスト

緑谷出久:田村心

爆豪勝己:小林亮太
麗日お茶子:竹内夢
飯田天哉:武子直輝
轟焦凍:北村諒

蛙吹梅雨:野口真緒
切島鋭児郎:田中尚輝
上鳴電気:佐藤祐吾
青山優雅:橋本真一
八百万百:山崎紗彩
峰田実:奥井那我人
常闇踏陰:松原凛
耳郎響香:川上明莉
瀬呂範太:池田慎
芦戸三奈:永利優妃

死柄木弔:雷太
ステイン:川隅美慎
荼毘:大隅勇太
トガヒミコ:伊波杏樹
トゥワイス:川崎優作

グラントリノ:米原幸佑
イレイザー・ヘッド:瀬戸祐介
プレゼント・マイク:岡本悠紀
エンデヴァー:上田悠介
ベストジーニスト:チャンへ
ミッドナイト:木内海美

オールマイト(トゥルーフォーム):吉岡佑
オールマイト(マッスルフォーム):岩永洋昭

オールラウンダー:福井将太、田邊謙、辻村晃慶、河島樹来

葉隠透(声の出演):名塚佳織

※山崎紗彩、川崎優作の「崎」は立つ崎が正式表記。

全文を表示

関連記事

田村心のほかの記事

リンク

(c)堀越耕平/集英社・「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage 製作委員会

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 田村心 / 小林亮太 / 吉岡佑 / 岩永洋昭 / 堀越耕平 / 竹内夢 / 武子直輝 / 北村諒 / 野口真緒 / 田中尚輝 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします