後継者問題を描く人間ドラマ、空降る飴玉社「ここは野分前夜、朱の麓」東京で上演

1

48

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 9 14
  • 25 シェア

空降る飴玉社「ここは野分前夜、朱の麓」が、11月13・14日に東京・新宿眼科画廊 スペース地下で上演される。

空降る飴玉社の灯点し頃シアター「ここは野分前夜、朱の麓」チラシ表

空降る飴玉社の灯点し頃シアター「ここは野分前夜、朱の麓」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

空降る飴玉社は京都を拠点に活動している団体。10月に京都で上演された本作では、京都の老舗和菓子店・繕朱軒で生まれた兄妹と、その幼なじみを軸とした人間ドラマが展開する。彼らは後継者問題、家族との関係など、それぞれに問題を抱えていて……。

脚本・演出を加藤薫が担当。出演者には谷内一恵、サンシャ、多田祥太朗、音蔵乙葵、劇団抜きにくい釘のナツミヨシムラが名を連ねた。

この記事の画像(全2件)

空降る飴玉社の灯点し頃シアター「ここは野分前夜、朱の麓」

2021年11月13日(土)・14日(日)
東京都 新宿眼科画廊 スペース地下

脚本・演出:加藤薫
出演:谷内一恵、サンシャ、多田祥太朗、音蔵乙葵、ナツミヨシムラ

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

後継者問題を描く人間ドラマ、空降る飴玉社「ここは野分前夜、朱の麓」東京で上演
https://t.co/XdTfgnKfbO https://t.co/Yzs4vMrZRV

コメントを読む(1件)

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします