King & Prince神宮寺勇太、岸優太の言葉を胸に挑む主演作「葵上」「弱法師」スタート

5

4301

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 1018 3281
  • 2 シェア

King & Prince神宮寺勇太が主演を務める「『葵上』『弱法師』-『近代能楽集』より-」が本日11月8日に東京・東京グローブ座で開幕。これに先駆け、同日にゲネプロと取材会が行われた。

「葵上」より。(撮影:阿部章仁)

「葵上」より。(撮影:阿部章仁)

大きなサイズで見る(全8件)

左から宮田慶子、神宮寺勇太(King & Prince)、中山美穂。

左から宮田慶子、神宮寺勇太(King & Prince)、中山美穂。[拡大]

「弱法師」より。(撮影:阿部章仁)

「弱法師」より。(撮影:阿部章仁)[拡大]

本公演は、三島由紀夫が能の謡曲をもとに執筆した短編戯曲集「近代能楽集」より「葵上」と「弱法師」を、宮田慶子の演出で連続上演するもの。神宮寺は「葵上」で美貌の青年・若林光役、「弱法師」では、生みの親と育ての親から親権を争われている20歳の青年・俊徳役を演じる。共演の中山美穂は、「葵上」で光のかつての恋人・六条康子役、「弱法師」では俊徳を救おうとする調停委員・桜間級子役を担当。そのほか、「葵上」には佐藤みゆき、金井菜々、「弱法師」には篠塚勝木村靖司加藤忍渋谷はるかが出演する。

左から宮田慶子、神宮寺勇太(King & Prince)、中山美穂。

左から宮田慶子、神宮寺勇太(King & Prince)、中山美穂。[拡大]

取材会には、神宮寺、中山、宮田が出席。間近に控えた開幕に「楽しみ」と瞳を輝かせる神宮寺だが、稽古初期は、難解な戯曲に苦戦したと話す。「最初の頃は、(セリフを)覚えられる自信がなく、夜も眠れませんでした。1人だと超えられないような高い壁でしたが、いろいろな方に支えていただいたおかげで、僕自身もレベルアップできました」と周囲への感謝の言葉を述べる。

神宮寺勇太(King & Prince)

神宮寺勇太(King & Prince)[拡大]

司会から、「宮田の言葉で印象に残ったものは?」と聞かれた神宮寺は「よく『役をまとえ』と聞くことはありますが、宮田さんからは『役を食べちゃえ』と(笑)。その言葉から、セリフは自分の中に落とし込んで発するものなんだな、ということを改めて感じました。稽古場では、いただくご指摘をいかに自分の中に取り入れて、自分のバージョンを更新していくことも目標にしていましたね。(稽古を通して、役を)食べさせていただきました(笑)」と宮田に視線を送る。

宮田慶子

宮田慶子[拡大]

神宮寺の言葉に「すみません、食いしん坊なもので(笑)。とにかく食べておくと元気になるかなと」とはにかんだ宮田は、神宮寺の印象を「とにかく吸収が良い。稽古場では、彼に日々さまざまなツッコミを入れているのですが、それにことごとく応えてくれる。底なしのポテンシャルを持っている」と話し、「この難しい戯曲を知的に分析しつつも、いざ演じるときには、動物的な勘も働かせることができる。掘れば掘るほどいろいろな面が見えてきて、毎日稽古していて楽しいです」と称賛する。

中山美穂

中山美穂[拡大]

神宮寺と中山は、今回が初共演となる。中山を「頼もしい方」と表現した神宮寺は「美穂さんに支えていただいたおかげで、初日を迎えることができました。僕はお芝居の経験が多くないので、(中山に)引っ張っていただいて、たくさん助けていただきました」と真摯に述べる。神宮寺のコメントに中山は涙ぐみ、「これから(初日が)始まるのに……(笑)」とこぼしながら、「(神宮寺は)驚くほど素直な方なんですよ。直感力も働くので、言われたことをすぐに自分の中でスマートに変換して動くことができる。そういう姿を見て、私も刺激になりました。これまで(若林光役、俊徳役を)演じてきた方はたくさんいらっしゃいますが、今回、彼が光さんであり、俊徳さんであって良かったなと感じています」と語った。

また神宮寺は、今作の稽古期間中、King & Princeのメンバーにセリフの覚え方について相談したと明かす。「みんないろいろとアドバイスをしてくれたんですけど、岸(優太)が『大丈夫、神宮寺ならできる』って言ってくれて。すごく心強かったです。その言葉を胸に、舞台に立ちたい」と言葉に力を込め、「(King & Princeのメンバーは、本作を)絶対観に来ると思います」とほほ笑んだ。

「葵上」より。(撮影:阿部章仁)

「葵上」より。(撮影:阿部章仁)[拡大]

最後に観客へのメッセージを求められた神宮寺は「最初は『難解な作品だな』と思っていたのですが、読めば読むほど、演じれば演じるほど、三島さんの世界に惹かれていきました。観に来られる方は、作品の世界観をこの機会に知っていただいて、また観に来られない方も、『(神宮寺は)光をこんなふうに演じるのかな』と妄想して、楽しんでいただけたら。がんばります!」と意気込みを述べ、取材会を締めくくった。

上演時間は休憩ありの約1時間50分。東京公演は11月28日まで行われ、そのあと12月1日から5日まで大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで公演が実施される。

この記事の画像(全8件)

「『葵上』『弱法師』-『近代能楽集』より-」

2021年11月8日(月)~28日(日)
東京都 東京グローブ座

2021年12月1日(水)~5日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

作:三島由紀夫
演出:宮田慶子
出演:神宮寺勇太King & Prince)、中山美穂 / 篠塚勝木村靖司加藤忍渋谷はるか佐藤みゆき、金井菜々

全文を表示

読者の反応

  • 5

水萌 @minamo1206

King & Prince神宮寺勇太、岸優太の言葉を胸に挑む主演作「葵上」「弱法師」スタート
https://t.co/ZtNuaTMPAu

コメントを読む(5件)

関連記事

神宮寺勇太のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 神宮寺勇太 / King & Prince / 三島由紀夫 / 宮田慶子 / 中山美穂 / 篠塚勝 / 木村靖司 / 加藤忍 / 渋谷はるか / 佐藤みゆき の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします