古川雄大×谷賢一が挑む、“言葉で戦う演劇”「シラノ・ド・ベルジュラック」

9

1395

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 463 862
  • 70 シェア

古川雄大が主演を務める「シラノ・ド・ベルジュラック」が、来年2月に東京・東京芸術劇場 プレイハウス、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで上演される。

古川雄大

古川雄大

大きなサイズで見る

1897年初演の「シラノ・ド・ベルジュラック」は、17世紀フランスに実在した詩人であり剣豪のシラノを主人公とする、エドモン・ロスタン作の戯曲。今回上演されるのは、2019年秋から昨年までイギリス・ロンドンのプレイハウス・シアターで披露された、マーティン・クリンプ脚色によるバージョンだ。ジェイミー・ロイドが演出を担ったこの上演版では、ミニマムな舞台衣装と装置、ラップやボイスパーカッションが取り入れられ、ローレンス・オリヴィエ賞でリバイバル賞を獲得した。

クリンプ脚色版の日本初上演となる今回は、谷賢一が翻訳・演出を担当。古川は、大きな鼻のコンプレックスに悩みながらも1人の女性を慕い続ける、シラノ役を演じる。谷は本作について「言葉で戦う演劇です」と述べ、「先日古川雄大さんとも言葉に関するワークショップでお手合わせさせて頂きました。かなりの無茶振りをしたにも関わらず、全くひるまず好奇心旺盛に課題に挑むストイックな姿を見て、その場にいる全員が心奪われてしまいました。めちゃくちゃカッコいい。今から稽古が楽しみです」と古川とのタッグに期待を寄せる。

約10年ぶりにストレートプレイに挑む古川は「シラノといえば、あの特徴的な鼻。しかし今回はその鼻をつけずに、セットも飾らず、当時の衣装も着ず、小道具も使わず、身体と言葉だけで表現する新しい演出になっており、そこに原作で語られる詩の美しさの表現としてラップを加え、現代版『シラノ・ド・ベルジュラック』として、生まれ変わった作品の日本初演を務めることができて本当に光栄です」と心境を語り、「最高の作品を、そしてシラノの淡い恋物語の中に隠されるさまざまなメッセージを皆様にお届けできるように努めます」と意気込みを述べた。

このほかの出演者や公演日程、チケット情報などについては続報を待とう。

谷賢一コメント

これは言葉で戦う演劇です。もちろんすべての演劇が言葉で戦うものですが、「シラノ」はまさに言葉で敵と向き合い、愛を勝ち取ろうとする物語です。日本語の持つ言葉の楽しさ・豊かさに満ちた舞台に仕上げたいと思います。

先日古川雄大さんとも言葉に関するワークショップでお手合わせさせて頂きました。かなりの無茶振りをしたにも関わらず、全くひるまず好奇心旺盛に課題に挑むストイックな姿を見て、その場にいる全員が心奪われてしまいました。めちゃくちゃカッコいい。今から稽古が楽しみです。

古川雄大コメント

シラノといえば、あの特徴的な鼻。しかし今回はその鼻をつけずに、セットも飾らず、当時の衣装も着ず、小道具も使わず、身体と言葉だけで表現する新しい演出になっており、そこに原作で語られる詩の美しさの表現としてラップを加え、現代版「シラノ・ド・ベルジュラック」として、生まれ変わった作品の日本初演を務めることができて本当に光栄です。そして僕自身、10年ぶりのストレートプレイへの挑戦になります。

最高の作品を、そしてシラノの淡い恋物語の中に隠されるさまざまなメッセージを皆様にお届けできるように努めます。ご期待ください。

「シラノ・ド・ベルジュラック」

2022年2月
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

大阪府 COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

作:エドモン・ロスタン
脚色:マーティン・クリンプ
翻訳・演出:谷賢一

キャスト

シラノ・ド・ベルジュラック:古川雄大
ほか

全文を表示

読者の反応

  • 9

Toshi3(トシさん) @_Toshi_3_

古川雄大×谷賢一が挑む、“言葉で戦う演劇”「シラノ・ド・ベルジュラック」 #SmartNews

観たいなぁ https://t.co/47VSYQUSNw

コメントを読む(9件)

関連記事

古川雄大のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 古川雄大 / 谷賢一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします