土屋良太×菅原圭輔がタッグ、“自分”と“他者”の関係に向き合う「空谷の跫音」

10

トレンブルシアター2021 / Contemporary Theater「空谷の跫音」が、10月23・24日に東京・神楽坂セッションハウスで上演される。

トレンブルシアター2021 / Contemporary Theater「空谷の跫音」チラシ表

トレンブルシアター2021 / Contemporary Theater「空谷の跫音」チラシ表

大きなサイズで見る(全3件)

これは、トレンブルシアターの土屋良太と、ドイツとデンマークを拠点に活動するmellem to プロジェクトの菅原圭輔がタッグを組み制作する作品。脚本・演出を菅原が手がけ、音楽をドイツ・ベルリンを拠点に活動するMAKOTO SAKAMOTOが担う。出演者には、土屋と菅原に加え、ダンサーの高瑞貴が名を連ねた。

チラシ裏には「転換期の今、『New Normal』の中で我々はどのような『自分』を求めるのか、そして以前とは異なる距離感が必要とされる『他者』に対してどのような関係を築いていくのでしょうか? それらを『セルフ・メディテイション』の一部と捉え、改めて深く向き合いながら舞台作品『空谷の跫音』の公演を行います」とつづられた。

23日の会場チケットは完売。なお、24日18:00開演回はStreaming+にてライブ配信も行われる。配信終了後、3日間はアーカイブが視聴可能だ。

この記事の画像(全3件)

トレンブルシアター2021 / Contemporary Theater「空谷の跫音」

2021年10月23日(土)・24日(日)
東京都 神楽坂セッションハウス

脚本・演出:菅原圭輔
音楽:MAKOTO SAKAMOTO
出演:土屋良太、高瑞貴、菅原圭輔

全文を表示

土屋良太のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 土屋良太 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします