宝塚歌劇花組の魅力は“温かさ”、「元禄バロックロック」「The Fascination」制作発表会

宝塚歌劇花組「忠臣蔵ファンタジー『元禄バロックロック』」「レビュー・アニバーサリー『The Fascination(ザ ファシネイション)!』 -花組誕生100周年 そして未来へ-」の制作発表会が本日9月17日、東京都内で行われた。

左から永久輝せあ、星風まどか、柚香光、水美舞斗。

左から永久輝せあ、星風まどか、柚香光、水美舞斗。

大きなサイズで見る(全20件)

柚香光

柚香光[拡大]

左から永久輝せあ、星風まどか、柚香光、水美舞斗。

左から永久輝せあ、星風まどか、柚香光、水美舞斗。[拡大]

谷貴矢が作・演出を務める第1幕「元禄バロックロック」は、「忠臣蔵」をエンタメ感たっぷりに立ち上げる作品。花が咲き乱れる国際都市・エドを舞台に、時計職人のクロノスケと賭場の主である女性・キラの愛と運命が紡がれる。第2幕の「The Fascination(ザ ファシネイション)!」は、柚香光星風まどかの新トップコンビのスタートと、花組誕生100年を祝うショー。“花”をテーマにしたダンス中心のステージが展開する。

制作発表会では柚香、星風、水美舞斗永久輝せあにより、「The Fascination(ザ ファシネイション)!」から2曲が披露された。続いて、4名と三井住友カードの大西幸彦代表取締役社長、宝塚歌劇団の木場健之理事長、作・演出家の谷貴矢と中村一徳が登壇する会見が行われた。

谷貴矢

谷貴矢[拡大]

谷は「元禄バロックロック」で兵庫・宝塚大劇場のデビューを飾る。劇中では愛と運命に翻弄される男女の姿を、“タイムリープ”を用いて描き出すとし、柚香演じる元赤穂藩士のクロノスケと、吉良上野介の架空の隠し子で星風扮するキラの過去と現在を描くことで、「柚香さんと星風さんのフレッシュさ、成熟した姿など、いろいろな顔をお見せしたい」と言う。なお、歴史上の人物を題材にした水美扮するコウズケノスケは、オリジナルの設定を盛り込み「野心的な“イケおじ”」になるとか。さらに永久輝が大石内蔵助をモチーフとする役を演じることも明かした。

中村一徳

中村一徳[拡大]

また、第2部のショーを手がける中村は「大きなテーマの1つは、花組の歴史を感じていただくということ。今回は、柚香さんと星風さんの大劇場お披露目公演になるので、今の花組の充実度をまずお伝えしたい。今の花組が輝くことによって、これまでの花組の歴史がさらに輝いて感じていただけるような作品にしたいと思っています」と説明。作中では再演の場面や過去の楽曲のメドレーなども盛り込まれる予定だ。さらに「1人ひとりが責任感を持てるようなシーンを作って、花組生81人の“81色”をお見せしたい」と構想を語った。

柚香光

柚香光[拡大]

柚香は、「諸先輩方が愛と誇りと敬意を持って重ねてきた時間に、私たちも思いを重ね、きちんと受け継いで真摯に舞台に励んでまいりたい」とあいさつ。本公演で谷の作品に初挑戦する柚香は、「刺激的だった」というポスター撮影でのエピソードを語り、作品への期待を述べる。また、ショーの楽曲を聴いたときには「心も胸も躍り、体もおどった」とか。「この公演は、星風まどかといちから作る作品となるので、それも楽しみにしています。以上です、失礼します」と言いながらマイクを置き、場内を和ませた。

星風まどか

星風まどか[拡大]

また、星風は「お芝居は、参考にといただいた資料を拝見して、どんな作品になるのかと今から楽しみです。また、ショーはで100周年という記念すべき瞬間に携わらせていただき、貴重な経験だということを身に染みて感じております。花組生の一員として誇りと責任と自覚を持ってお稽古に励んでまいりたいと思います」と語った。

水美舞斗

水美舞斗[拡大]

一方、水美は「吉良上野介という歴史上の人物の“半オリジナル”なキャラクターということで、どのような台本になっているのか、ドキドキとワクワクでとても楽しみ。早くお稽古がしたいです(笑)。追求して、また新たな水美舞斗を表現できるよう務めてまいります」とコメント。ショーについては「魅力的な花組生はたくさんいますので、その花の中の1人として精一杯輝けるように」と意気込んだ。

永久輝せあ

永久輝せあ[拡大]

芝居について「今の段階では妄想が膨らむばかり」と言うのは永久輝。「武士の忠義に生きる生き様をお見せすることによって、この作品の良いスパイスになれたらと思っています。また、ショーは花組生として身の引き締まる思い。早く花組のメンバーとこのショーを作りたいという気持ちでいっぱいです」と笑顔を見せた。

左から星風まどか、柚香光。

左から星風まどか、柚香光。[拡大]

星風の魅力について聞かれた柚香が、「キャッチ力と冷静さ」を挙げた。「舞台上でのやり取りが柔軟なので、『一緒に遊ぼう』と言ったら『わーい』と言って遊んでくれるような空気感があって(笑)。これから作品を通して2人の空気感をもっと作っていけたら良いなと思っています」と明かすと、星風が「そうなる理由は柚香さんが温かく受け止めてくださるから」と応えた。また、花組の魅力は「温かさ」だとそれぞれに答えた劇団員4名。新トップコンビのスタート公演でどんな舞台を見せてくれるのか期待が高まる。

公演は宝塚大劇場にて11月6日から12月13日まで行われたあと、来年1月2日から2月6日まで東京・東京宝塚劇場でも上演される。チケットの一般発売は、兵庫公演分が10月16日、東京公演分が12月19日にスタート。

この記事の画像(全20件)

宝塚歌劇花組「忠臣蔵ファンタジー『元禄バロックロック』」「レビュー・アニバーサリー『The Fascination(ザ ファシネイション)!』 -花組誕生100周年 そして未来へ-」

2021年11月6日(土)~12月13日(月)
兵庫県 宝塚大劇場

2022年1月2日(日)~2月6日(日)
東京都 東京宝塚劇場

「忠臣蔵ファンタジー『元禄バロックロック』」

作・演出:谷貴矢
出演:柚香光星風まどか ほか

「レビュー・アニバーサリー『The Fascination(ザ ファシネイション)!』 -花組誕生100周年 そして未来へ-」

作・演出:中村一徳
出演:柚香光、星風まどか ほか

全文を表示

関連記事

柚香光のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 柚香光 / 星風まどか / 水美舞斗 / 永久輝せあ / 中村一徳 / 宝塚歌劇団 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします