こまつ座・辻萬長、腎盂がんにより77歳で死去

1

317

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 153 138
  • 26 シェア

辻萬長が8月18日に腎盂(じんう)がんで死去したことが、所属事務所のワタナベエンターテインメント、および所属劇団のこまつ座の発表により本日23日に明らかになった。77歳だった。

辻萬長

辻萬長

大きなサイズで見る

辻は1944年2月9日、佐賀県生まれ。1965年に劇団俳優座の養成所を卒業後、劇団仲間へ入団。1970年に同劇団を退団し、1991年にこまつ座所属となる。演劇作品では、井上ひさし作品や蜷川幸雄作品などに多数出演。舞台での功績が評価され、「ボンソワール・オッフェンバック」で文化庁芸術祭優秀賞、「化粧二題」で読売演劇大賞優秀男優賞、「雨」「ロンサム・ウェスト」で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した。

三谷幸喜が脚本を手がける2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演予定だったが、病気療養のため出演を辞退。8月13日にNHK総合で放送された「終戦ドラマ『しかたなかったと言うてはいかんのです』」が最後のドラマ出演となり、昨年上演された三谷作・演出「大地(Social Distancing Version)」が最後の舞台出演となった。葬儀ならびに告別式は、家族の意向によりすでに執り行われている。

※辻萬長の「辻」は一点しんにょうが正式表記。

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

こまつ座・辻萬長、腎盂がんにより77歳で死去
https://t.co/caghYhlS0o https://t.co/TZPKBSGHPJ

コメントを読む(1件)

関連記事

辻萬長のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 辻萬長 / こまつ座 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします