妻夫木聡&蒼井優が夫婦役、NHKの終戦ドラマ「しかたなかった~」脚本は古川健

237

8月13日22:00からNHK総合で放送される終戦ドラマ「しかたなかったと言うてはいかんのです」の脚本を、劇団チョコレートケーキの古川健が担当する。

妻夫木聡

妻夫木聡

大きなサイズで見る(全2件)

妻夫木聡蒼井優が夫婦役を務める本作では、太平洋戦争末期に行われた“生体解剖”で医師が犯した罪と、隠された真実が描かれる。西部帝国大学医学部助教授の鳥居太一(妻夫木)は、教授の指示のもと、米兵捕虜の手術を手伝うが、それは人体実験手術だった。太一は教授に中止を進言したものの、却下されてしまう。終戦後、太一は8名の捕虜を死なせた事件の首謀者として死刑判決を受ける。太一の妻・房子(蒼井)は夫を救出するため奔走するが……。

蒼井優

蒼井優[拡大]

放送に向け、妻夫木は「時代や環境が変われど、一つ一つの命の重みに変わりはありません。作品を通じて、命の尊さを感じて頂ければ幸いです」、蒼井は「胸が締め付けられるようなシーンがたくさんありますが、妻夫木さんが演じられる太一を信じ、最後の最後まで丁寧に演じて行けたら」とコメントした。妻夫木、蒼井のほか、出演者には永山絢斗鶴見辰吾山西惇辻萬長中原丈雄若村麻由美らが名を連ねている。

妻夫木聡コメント

“自らの責めは自らが負わねばならない” 罪とは何か、生きるとは何か、ひたすらに自分と向き合い続ける日々です。人間は愚かな生き物であります。しかし、誰かを思いやる温かい心になれるのもまた人間です。人としてあるべき姿とは何か、今一度この時代に問いかけられているような気が致します。時代や環境が変われど、一つ一つの命の重みに変わりはありません。作品を通じて、命の尊さを感じて頂ければ幸いです。

蒼井優コメント

胸が締め付けられるようなシーンがたくさんありますが、妻夫木さんが演じられる太一を信じ、最後の最後まで丁寧に演じて行けたらと思っています。タイトルに見合う作品になることを期待しながら、精一杯頑張ります。

この記事の画像(全2件)

NHK総合「終戦ドラマ『しかたなかったと言うてはいかんのです』」

2021年8月13日(金)22:00~

原作:熊野以素「九州大学生体解剖事件 70年目の真実」
脚本:古川健
演出:田中正
出演:妻夫木聡蒼井優 / 永山絢斗鶴見辰吾山西惇辻萬長 / 中原丈雄若村麻由美 ほか

※辻萬長の辻は一点しんにょうが正式表記

全文を表示

古川健のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 古川健 / 妻夫木聡 / 蒼井優 / 永山絢斗 / 鶴見辰吾 / 山西惇 / 辻萬長 / 中原丈雄 / 若村麻由美 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします