イッセー尾形がシェイクスピアの世界を遊ぶ、「MONKEY」最新号本日発売

81

「MONKEY Vol.24 特集 イッセー=シェークスピア」(スイッチ・パブリッシング)が本日6月15日に発売された。

「MONKEY Vol.24 特集 イッセー=シェークスピア」(スイッチ・パブリッシング)

「MONKEY Vol.24 特集 イッセー=シェークスピア」(スイッチ・パブリッシング)

大きなサイズで見る(全3件)

「MONKEY vol.24 特集 イッセー=シェークスピア」

「MONKEY vol.24 特集 イッセー=シェークスピア」
Amazon.co.jp

「MONKEY Vol.24 特集 イッセー=シェークスピア」(スイッチ・パブリッシング)より。

「MONKEY Vol.24 特集 イッセー=シェークスピア」(スイッチ・パブリッシング)より。[拡大]

「MONKEY Vol.24 特集 イッセー=シェークスピア」(スイッチ・パブリッシング)より。

「MONKEY Vol.24 特集 イッセー=シェークスピア」(スイッチ・パブリッシング)より。[拡大]

文芸誌「MONKEY」の最新号となる今号では、「イッセー=シェークスピア」と題し、イッセー尾形と責任編集を担う翻訳家・柴田元幸がシェイクスピア悲劇「リア王」を新たな視点で掘り下げる。

本誌では柴田のシェイクスピア作品初翻訳となる「悲劇 リア王」の全文、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編「Everything and Nothing」が掲載されるほか、最終回を迎えるイッセーのシェイクスピア・カバー連載「イッセー・カバーズ」が収録される。「イッセー・カバーズ」では、「リア・アゲイン」というタイトルのもと、リア王の護衛を務める百人隊長を主人公にしたストーリーが描かれる。そのほか、イッセーと柴田がシェイクスピア作品を語る対談を掲載。また、本誌企画「猿からの質問」では、「シェークスピアと言えば、まずどの場面を思い出す?」の問いに対して、岡田利規レベッカ・ブラウン、山下澄人、シリ・ハストヴェット、戌井昭人、津村記久子、古川日出男、スチュアート・ダイベックが寄稿した。価格は税込1540円。

この記事の画像(全3件)

イッセー尾形のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 イッセー尾形 / 柴田元幸 / 岡田利規 / レベッカ・ブラウン / 戌井昭人 / 古川日出男 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします