ヤマトタケルの伝説を能楽・琉球文化と共に立ち上げる、緑間玲貴の新作バレエ

127

緑間玲貴によるバレエ公演「トコイリヤ RYOKI to AI vol.7」が、10月31日に東京・新国立劇場 小劇場で上演される。

左から緑間玲貴、関直美、前田奈美甫、柳元美香。

左から緑間玲貴、関直美、前田奈美甫、柳元美香。

大きなサイズで見る(全2件)

バレエ・アーティスト 緑間玲貴 バレエ公演「トコイリヤ RYOKI to AI vol.7」ビジュアル

バレエ・アーティスト 緑間玲貴 バレエ公演「トコイリヤ RYOKI to AI vol.7」ビジュアル[拡大]

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を主題とする本作では、古事記より倭建命(ヤマトタケル)の伝説をバレエで立ち上げる。沖縄出身の緑間が演出・振付を担当し、“分断”と“調和”をキーワードとして、能楽や琉球文化の要素を取り入れたステージが展開される。

出演者には倭建命役の緑間をはじめ、能楽師の関直美、バレエダンサーの前田奈美甫と渡久地真理子、舞道家の柳元美香らが名を連ねた。

この記事の画像(全2件)

バレエ・アーティスト 緑間玲貴 バレエ公演「トコイリヤ RYOKI to AI vol.7」

2021年10月31日(日)
東京都 新国立劇場 小劇場

演出・振付:緑間玲貴

キャスト

倭建命:緑間玲貴
弟橘比売命:前田奈美甫

倭比売命:関直美
天叢雲剣:渡久地真理子
自然主:柳元美香

音楽:YURAI(Ema、慧奏、友比古)

全文を表示

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします