「反応工程」延期公演、舞台稽古風景お披露目&演出・千葉哲也のコメントも

78

「反応工程」より、舞台稽古の風景を収めた写真と、演出を手がける千葉哲也のコメントが到着した。

2020年4月に実施された「反応工程」舞台稽古より。(撮影:宮川舞子)

2020年4月に実施された「反応工程」舞台稽古より。(撮影:宮川舞子)

大きなサイズで見る(全6件)

2020年4月に実施された「反応工程」舞台稽古より。(撮影:宮川舞子)

2020年4月に実施された「反応工程」舞台稽古より。(撮影:宮川舞子)[拡大]

2020年4月に実施された「反応工程」舞台稽古より。(撮影:宮川舞子)

2020年4月に実施された「反応工程」舞台稽古より。(撮影:宮川舞子)[拡大]

2020年4月に実施された「反応工程」舞台稽古より。(撮影:宮川舞子)

2020年4月に実施された「反応工程」舞台稽古より。(撮影:宮川舞子)[拡大]

「反応工程」は、宮本研が自身の経験をもとに、終戦前夜の軍需工場で生きる人々を描いた作品。本作は、昨年4月に上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響で今年7月に延期に。千葉は、上演に向け「『反応工程』……そこにあるのは敗戦数日前の軍需工場という閉鎖された場所で、戦争に巻き込まれた人々の生活です。市井の人々には如何ともし難く、先の見えない大きな出来事に飲み込まれた時、人はどう変わり、行動を起こしていくのか。この作品を上演するはずだった時から1年を経ても、世界は依然として混沌の中にあります。この事態に僕らはどう立ち向かい、どう考え、どう行動すべきなのか。あの時よりもいっそう強い思いで、この作品に向かいたいと思います」と述べた。

出演者には、天野はな有福正志神農直隆、河原翔太、久保田響介清水優神保良介、高橋ひろし、田尻咲良、内藤栄一、奈良原大泰、平尾仁、八頭司悠友、若杉宏二と、いずれもオーディションで選出された面々が名を連ねている。公演は7月12日から25日まで東京・新国立劇場 小劇場で行われ、チケットの一般販売は6月6日10:00にスタート。

この記事の画像(全6件)

「反応工程」

2021年7月12日(月)~25日(日)
東京都 新国立劇場 小劇場

作:宮本研
演出:千葉哲也
出演:天野はな有福正志神農直隆、河原翔太、久保田響介清水優神保良介、高橋ひろし、田尻咲良、内藤栄一、奈良原大泰、平尾仁、八頭司悠友、若杉宏二

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

千葉哲也のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 千葉哲也 / 有福正志 / 天野はな / 神農直隆 / 清水優 / 神保良介 / 若杉宏二 / 宮本研 / 久保田響介 / 内藤栄一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします