鳩スによるワークショップシリーズ「創造力のタネ」沖縄で始動

37

鳩ス Presents ワークショップシリーズ「創造力のタネ」が、沖縄のアイム・ユニバース てだこホールの市民サロンと練習室1で開催される。

鳩ス Presents ワークショップシリーズ「創造力のタネ」チラシ表

鳩ス Presents ワークショップシリーズ「創造力のタネ」チラシ表

大きなサイズで見る(全9件)

鳩ス Presents ワークショップシリーズ「創造力のタネ」チラシ裏

鳩ス Presents ワークショップシリーズ「創造力のタネ」チラシ裏[拡大]

鳩スは、國仲正也が主宰する団体。ワークショップシリーズ「創造力のタネ」は、さまざまな視点から舞台芸術の面白さを発見することを目的に企画された。7月21日、8月18日、9月15日には、戯曲をリーディングし、そのあと感じたことをディスカッションする「リーディング・カフェ」を実施。講師に俳優・演出家の当山彰一、ファシリテーターに國仲が名を連ね、来年1月19日には発表会が行われる。

このほか、6月16日には身体研究家・サーカスアーティストの渡邉尚を講師に迎えた「倒立ワークショップ」、10月20日にはシーズ琉球ライブ キャスタッフチームが講師を務める「アクションと“スーツアクト”を学ぶ」、11月17日にはピアニストの新崎誠実が生演奏を披露する「『ドビュッシーの魅力』を体感する」、12月15日には歌舞伎の附け打ちを務める山崎徹による「『附け』ワークショップ」、そして来年2月16日には、國仲と沖縄県内外の演出家5名による「『演出』ってなんだろう?座談会」が予定されている。

参加費は各ワークショップにつき税込500円。定員は1回につき30名で、定員になり次第締め切られる。詳細は公式サイトで確認を。

この記事の画像(全9件)

鳩ス Presents ワークショップシリーズ「創造力のタネ」

「リーディング・カフェ」

2021年7月21日(水)、8月18日(水)、9月15日(水)、2022年1月19日(水)
沖縄県 アイム・ユニバース てだこホール 市民サロン

講師:当山彰一
ファシリテーター:國仲正也

「倒立ワークショップ」

2021年6月16日(水)
沖縄県 アイム・ユニバース てだこホール 市民サロン

講師:渡邉尚

「アクションと“スーツアクト”を学ぶ」

2021年10月20日(水)
沖縄県 アイム・ユニバース てだこホール 練習室1

講師:シーズ琉球ライブ キャスタッフチーム

「『ドビュッシーの魅力』を体感する」

2021年11月17日(水)
沖縄県 アイム・ユニバース てだこホール 市民サロン

講師:新崎誠実

「『附け』ワークショップ」

2021年12月15日(水)
沖縄県 アイム・ユニバース てだこホール 市民サロン

講師:山崎徹

「『演出』ってなんだろう?座談会」

2022年2月16日(水)
沖縄県 アイム・ユニバース てだこホール 市民サロン

講師:國仲正也 ほか

※山崎徹の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

全文を表示

関連記事

当山彰一のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 当山彰一 / 渡邉尚 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします